ソフトウェアアプリケーションやコンピューティングをよりユーザーに近い場所で実行したいとお考えではありませんか。膨大なデータを中央のデータセンターに転送する手間を減らす必要はありませんか。HPE ProLiant e910t Server Bladeなら、データ発生場所の近くにエッジコンピューティングを展開できるため、アップリンク帯域幅と接続コストを節約したり、セキュリティやデータ漏洩のリスクを軽減したり、データ保護に関する法律を確実に遵守したり、実行可能なインサイトを取得するまでの時間を短縮したりできます。サイズ、重量、電力がきめ細かく調整されたHPE Edgeline EL8000t Converged Edge SystemにインストールされているHPE ProLiant e910tは、堅牢でコンパクトな設計を特徴としており、0~55°Cの広範な温度環境で動作検証済みです。HPE ProLiant e910t Server Bladeのアーキテクチャーは、コンピューティング性能と速度を向上させるインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーをベースとしています。またモジュラー設計を採用しているため、幅広い選択肢の中からネットワーキング、ストレージ、およびI/Oの構成を選択し、お客様に固有のエッジワークロードをカスタマイズできます。

機能

エンタープライズデータセンターのコンピューティング性能をエッジに展開

HPE ProLiant e910サーバーブレードは、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーファミリを活用する業界標準のテクノロジーをサポートしており、高速かつ大容量 (TB) のストレージと組み合わせて構成することで、エンタープライズ層のエッジワークロードをサポートできます。

GPU、FPGA、ネットワークアクセラレータなどのハイパフォーマンスな入出力処理により、データセンターやクラウドで実行されているのと同じ要求の厳しいソフトウェアアプリケーションをエッジでも実行できるようになりました。

ディープエッジ環境に向けたシームレスなリモート管理性

HPE ProLiant e910tサーバーブレードはHPE iLO 5を標準装備しているため、サーバーのセットアップが簡素化されるうえ、サーバーの稼働状況に関する情報へのアクセスと大規模なサーバー管理が可能になります。また、サーバーの電力および温度制御が強化されるだけでなく、基本的なリモート管理も行えます。

HPEのSilicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性) をはじめとする最先端のセキュリティテクノロジーにより、HPEサーバーをどこからでも設置場所を意識することなく安全に設定、監視、更新できます。

iLO Amplifier Packは、最大1万台のサーバーの検出とインベントリ作成に対応しており、詳細なサーバーインベントリとダウンロード可能なレポートを提供します。大規模に、かつ単一のダッシュボードからすべてのインベントリを確認し、HPEのサーバーを最新の状態に保つことができます。

  • IntelおよびIntel Xeonは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。NVIDIAは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標および/または登録商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。