Apollo 2000 System

デジタルトランスフォーメーションジャーニーにおいて変化する需要を満たすために、密度が最適化されたスケーラブルなシステムを必要としていますか? HPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemは、最大4台のProLiant XL225n Gen10+ サーバー (AMD) または最大4台のProLiant XL220n Gen10+ サーバー (インテル®) または2台のXL290n Gen10+ サーバー (インテル) を柔軟にサポートし、ラックスペースの密度を高めることができる共有インフラストラクチャシャーシです。同じシャーシのその他のノードの運用に影響を与えることなくサーバーノードを保守できるため、サーバーのアップタイムが向上します。適切なコンピュート、柔軟なI/O、およびストレージオプションにより、要求の厳しいハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) ワークロードのニーズに合わせてシステムを柔軟にカスタマイズできます。単一のサーバーで導入し、お客様のニーズに合わせて拡張できるこのシステムはあらゆる規模のデータセンターにスーパーコンピューティングの処理能力をもたらします。製造業、石油/ガス、ライフサイエンス、金融サービスなどの産業分野におけるHPCアプリケーションに最適です。

最新情報

  • 柔軟なインフラストラクチャにより、複数のストレージオプション、8個のメモリチャネル、3200MT/sのメモリ、PCIe Gen4、および専用ライザー上で使用するオプションのデュアルNVMe M.2ストレージによるOSブートが利用可能です。
  • HPE ProLiant XL220n およびXL29n Gen10 Plusサーバーでは、最大40Cおよび270Wの第3世代インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーをサポートします。
  • HPE ProLiant XL225n Gen10 Plusサーバーでは、7Fx2モデルを含む第2世代および第3世代のAMD EPYC™ 7000シリーズプロセッサーのフルスタックをサポートし、240Wを超えるプロセッサーをサポートしています。
  • ノードやラック管理のための広範なツールセットを含む、包括的な管理機能。
  • 直接液冷 (DLC) オプションは、HPEにより完全に統合、設置、およびサポートされています。給水設備に接続して、すぐにご利用いただけます。最高クラスのSKUを解放して、データセンターの効率性と電力密度を向上させることができます。
  • HPE Apollo n2800 Gen10 Plusシャーシは、特定のノードへのストレージデバイスの割り当てが可能な、24 SFF SASゾーニングシャーシです。

機能

システムパフォーマンスと効率性の向上

HPE Apollo 2000 Gen10 Plusシステムは、1Uサーバーの4倍の密度1、つまり2Uシャーシに4台の1Uサーバーを搭載します。

N+Nの電力可用性を実現する3000W電源装置による拡張された電源機能。

最新の業界標準のコンポーネントで構築された高速なインフラストラクチャは、優れたパフォーマンスによりアプリケーションを高速化します。

DLCシステムがデータセンターですぐに利用できるため、最高クラスのSKUを活用し、電力密度を高めることができます。システムには冷却水が事前に充填されており、給水設備に接続してすぐに利用できます。DLCは、HPEにより完全に統合、設置、およびサポートされます。CPUのみ、またはCPU/メモリの冷却方法を選択できます。

オプションのデュアルM.2ストレージは、PCIeスロットやストレージベイを利用せずに、OSの起動に使用できます。HPE Apollo n2400 Gen10 Plusディスクレスシャーシと組み合わせれば、効果的なコンピュートソリューションとなります。

包括的なサーバーのセキュリティと管理

HPE Apollo 2000 Gen10 Plusは、ファームウェアがシリコンに直接組み込まれた業界標準サーバーで、これを可能にしているのがHPE iLO 5とSilicon Root of Trustです。AMD EPYCのシステムオンチップ (SoC) に組み込まれた専用のセキュリティプロセッサーであるAMD Secure Processorは、Silicon Root of Trustと結合されています。

セキュアリカバリは、コードが改ざんされた場合にファームウェアを直近の既知の良好な状態にリストアすることにより、システムの中断を最小限に抑えます。

システムに影響を与えることなく問題を回避できるよう、ファームウェアランタイム妥当性確認によって毎日ファームウェアをチェックし、感染したコードのアラートを表示します。

HPE Performance Cluster Managerは、クラスター管理に必要なすべての機能を管理者に提供する、完全統合型のシステム管理ソフトウェアです。

共有インフラストラクチャにより、より効率的なシステム管理が可能になります。

柔軟性に優れたスケールアウトビルディングブロック

HPE Apollo 2000 Gen10 Plusシステムは、複数台のサーバーから成る構成に拡張して、進化するニーズに合わせて容量を拡大することができます。

ストレージとI/Oに柔軟性をもたらし、パフォーマンスや経済性向上のためのカスタマイズにより、ワークロードに適したコンピュートを提供します。

複数のストレージシャーシオプション - 0~24台のSFF SAS/SATAドライブ、NVMeドライブのサポート 特定のノードへのドライブ割り当てが可能な、独自の24 SFF SASゾーニングシャーシ (n2800)。

すべてのワークロードに適したコンピュートとストレージ

HPE Apollo 2000 Gen10 Plusサーバーノードは、サーバーあたり最大16個のDIMM、高速ファブリックを含む複数のネットワーキングオプション、2個のPCIe Gen4スロットをサポートしています。

HPE Apollo n2400 シャーシは、効率向上のためのドライブレスのオプションとしてご利用いただけます。ストレージを必要としないアプリケーションで最高クラスのプロセッサーをサポートする場合に最適です。5台のシングルローターファンをサポートし、統合RCM2 オプションを内蔵し、最大2台の電源装置をサポートします。

HPE Apollo n2600シャーシには、さまざまなHPCアプリケーションに適した8台までのSFF SAS/SATA/NVMeドライブや24台のSFF SAS/SATAドライブを含む、複数のバックプレーンオプションが用意されています。各シャーシは、5台のシングルローターファンをサポートし、統合RCM2 オプションを内蔵し、最大2台の電源装置をサポートします。

HPE Apollo n2800シャーシでは、24台のSFF SASドライブを異なるノードに柔軟に割り当てることができます。各シャーシは、5台のシングルローターファンをサポートし、統合RCM2 オプションを内蔵し、最大2台の電源装置をサポートします。

  • 1.
    従来のラックマウント型サーバーでは2Uに1台のノードしか収容できませんでしたが、2UのHPE Apollo 2000 Gen10 Plusシステムシャーシは、2Uあたり最大4ノードを収容できます。また、最大で2x2Uノード (XL290n)、または1x2Uノード (XL290) と2x1Uノード (XL220n) の混在構成にも対応しています。
  • 2.
    ラック統合モジュール (RCM) - シャーシレベルでのHPE iLOアグリゲーションを可能にし、HPE Advanced Power Manager用のポートも備えたオプションモジュール。RCMは、冗長性確保のために2つのHPE iLOポートで構成されています。RCMをデイジーチェーン接続して、トップオブラック (TOR) 管理スイッチに接続することもできます。
  • AMDは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。Intel、インテル、Intel Xeonは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。