サーバー電源

フレキシブルスロットパワーサプライは、共通の電気/物理的設計を採用したHPE ProLiant Gen10サーバー用のパワーサプライです。高効率稼動用として認証されたフレキシブルスロットパワーサプライは、最大94%の変換効率を誇るPlatinumレベルと、最大96%の変換効率を誇るTitaniumレベルの80 PLUS認証を対応したモデルを用意し、サーバー構成に合わせて電源容量を「最適化」することが可能です。この優れた柔軟性は、データセンターにおける電力の無駄を抑え、全体的なエネルギーコストを削減し、電源容量の「過剰供給」を解消するうえで大きな効果を発揮します。

Gen10サーバー用のパワーサプライは難燃性の低ハロゲン(low halogen)の原料を使用して、ACモデル、DC-48Vモデル、DC380V(HVDC)モデルが用意しています。
また、HPE Apolloサーバーの電力密度を向上するため、1800W-2200Wパワーサプライも用意しています。

各パワーサプライモデルの製品詳細は各サーバーモデルのシステム構成図をご欄ください。

機能

ITパフォーマンスに影響することなくデータセンターの効率性を向上

80PLUS認証を取得しているフレキシブルスロットパワーサプライは、多くの電気デバイスで使用されている一般的なパワーサプライよりも電源効率に優れています。80PLUS Platinum認証モデルは最大で96%の電力効率を実現します。[1]

パワーサプライのフォームファクタは旧世代となる共通スロットパワーサプライモデルよりも25%小型化されているため、追加のサーバーオプション用のスペースを確保し、ITパフォーマンスを向上させることができます。

フレキシブルスロットパワーサプライは工具不要、ホットプラグを対応します。

すべてのHPE ProLiant Gen10サーバーシリーズ、HPE ProLiant 300 Gen9サーバーシリーズ、HPE Apollo 2000およびHPE Apollo 4000サーバーシリーズでサポートします。

  • 1.
    効率評価は、80PLUSプログラムの要件に基づいてEcovaによって実行されたテストに基づいています。詳細については、www.80plus.com をご覧ください。