Persistent Memory

HPE Scalable Persistent MemoryをHPE Gen10ポートフォリオと併用することで、ITインフラストラクチャを変革でき、信頼性と効率性を向上しながら、優れたパフォーマンスを提供できます。これは、テラバイト規模の容量をメモリのようなスピードで動作させることができるこの統合ストレージソリューションの一部であり、内蔵Persistence Memoryでかつてないレベルのコンピュートパフォーマンスを実現します。HPE Scalable Persistent Memoryは、DRAMを利用するハードウェアとソフトウェアから構成される包括的なソリューションを提供し、アプリケーションのパフォーマンスを向上し、Persistence Memoryによるフラッシュ階層を確立し、不測の電源停止時にバックアップ電源により、DRAMからフラッシュにデータを退避させます。

機能

メモリのようなスピードのストレージ

HPE Scalable Persistent Memoryでは、新しい次元のアプリケーションパフォーマンスを実現し、ビジネスオペレーションを迅速化します。

アップタイプを向上しながら、データベースの再起動時間を最大で20倍短縮します[1]。

最大で27倍チェックポイントオペレーションを高速化し、ビジネスオペレーションを大幅に迅速にします[2]。

最大で1TBまでの柔軟な容量ポイント

HPE Scalable Persistent Memoryは、テラバイト規模のPersistent Memoryをサポートし、大規模なビジネスワークロードの処理を迅速化でき、ビジネスオペレーションを高速化して効率化します。

データニーズの拡大に合わせて容量を拡張できます。

特定のビジネスアプリケーションニーズを満たすように設計された柔軟な構成。

一般的なアプリケーションストレージのボトルネックを解決できるように設計

HPE Scalable Persistent Memoryは、Microsoft SQL Server®やOracle®データベースなどの業界標準のアプリケーションに最適です。

Microsoft Windows®やLinux®など広範なオペレーティングシステムをサポート。

大規模なインメモリコンピューティング、データベース、ソフトウェア・デファインド・ストレージ、リアルタイム解析、3Dグラフィックスソフトウェア、そしてストレージアプリケーションのメモリパフォーマンスが向上により恩恵を受ける事実上すべてのアプリケーションを含め、さまざまなワークロードにメリットをもたらします。

  • 1.
    HPE社内ラボによるテスト。HPE Scalable Persistent Memory、1000GBのHekatonデータベースを200 GBのデータベースの同じスピードで再起動可能。つまり20倍の速度。2016年11月。
  • 2.
    チェックポイント (トランザクション/秒) によるTPC-Cベンチマークスループット MySQLを実行しているドッカーコンテナーをチェックポイントおよびリストアする時間を計算。Persistent MemoryとSSDの比較、2016年11月
  • Microsoft®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Windows®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。SQL Server®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Linux®は、Linus Torvaldsの登録商標です。Oracle®は、米国およびその他の国におけるOracle Corporationの商標です。