Superdome Flexサーバー

ミッションクリティカルなデータ環境で増大するニーズへの対応に苦慮していませんか。HPE Superdome Flexサーバーは、クリティカルアプリケーションをサポートしてデータ分析を高速化し、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) と人工知能 (AI) のワークロードを包括的に処理できる画期的なコンピュートソリューションです。あらゆる規模のクリティカルな環境に対応できる卓越した柔軟性、パフォーマンス、および信頼性を兼ね備えているうえ、独自のモジュラーアーキテクチャーと比類のない拡張性により、小規模から開始して各自のペースで拡張することが可能です。また、インメモリ設計と画期的なパフォーマンスを活かして急速に増加するデータの処理と分析を行えます。HPE Superdome Flexサーバーは、卓越したRASとエンドツーエンドのセキュリティでこのような重要なワークロードを保護します。それと同時にHPE Superdome Flexへの移行が確実に成功するよう、HPE Pointnext、広範なパートナーエコシステム、およびミッションクリティカルな専門知識がこのプラットフォームの機能と価値を補完します。

最新情報

  • GoldかPlatinumを選択できるインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを使用。
  • 高速のDDR4メモリテクノロジーを搭載。
  • 128、256、および512GBの容量が用意された、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリを搭載する不揮発性メモリをサポート。
  • 各ワークロードの要件に合わせてDRAMのみ、またはDRAMと不揮発性メモリの組み合わせを選択することが可能。
  • 管理、信頼性、およびセキュリティエコシステムを強化。
  • 128GB DDR4 DIMMと新しくなったSSDおよびNVMeを搭載。

機能

比類のないスケーラビリティでリアルタイムにデータを有用なインサイトへと転換

HPE Superdome Flexサーバーは、独自のモジュール式アーキテクチャーの特性を活かし、単一システムとして、4ソケットから32ソケットまでの柔軟かつシームレスな拡張が可能です。

4ソケット構成でミッションクリティカルなワークロードに対応する費用対効果の高いエントリーポイントを提供。また、経済性が優れたGoldまたはハイエンドのPlatinumのインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのいずれかを選択し32ソケットまで拡張できます。

768GBから48TBまでの共有メモリを使用するプラットフォームでインメモリコンピューティングのニーズに対応できます。ワークロードの要件に応じてDRAMのみ、またはDRAMと不揮発性メモリの組み合わせを選択することが可能です。

最大128枚PCIeカードを搭載可能、高いI/O拡張性を有しています。

オープンなRedfishソフトウェアエコシステム、OpenStack®、およびHPE OneViewの監視機能をはじめとする管理機能でハイブリッドクラウド環境を簡素化することが可能です。

増大し続けるデータを超高速に処理・分析

HPE Superdome Flexサーバーは、規模に関係なく卓越したパフォーマンスを実現し、非常に要求の厳しいワークロードに必要なコンピューティング性能を提供します。[1]

超低レイテンシ、且つ、高帯域幅のテクノロジーでクリティカルなアプリケーションに求められるパフォーマンスレベルを達成します。

革新的なインメモリ設計と比類のない最大48TBの共有メモリ容量をシングルプラットフォームで実現します。

メモリ主導型コンピューティングの設計原則をベースとして将来的な負荷にも対応できるように設計されており、分析パフォーマンスを向上します。

ミッションクリティカルなワークロードの保護

HPE Superdome Flexサーバーは、他のx86プラットフォームにはない卓越した実績あるRAS機能により、業界標準で最高のサービスレベルを実現します。[2]

HPEのファームウェアファーストのアプローチにより、オペレーティングシステムレイヤーで中断が起きる前にメモリエラーなどのエラーをファームウェアレベルで封じ込めることができます。

オペレーターが支援しなくてもハードウェアの障害を予測して自己修復を開始する実績ある障害処理分析エンジンにより、ヒューマンエラーを削減できます。

他にはないx86のハードパーティション (HPE nPars) により、ワークロードを分離したり、複数のワークロードを単一の管理対象コンプレックスに集約したりできます。他のパーティションを中断なく稼働させながら、各パーティションの保守や再構成を行うことが可能です。

HPE Serviceguard for Linux (SGLX) の高可用性およびディザスタリカバリ クラスタリングソリューションを活用して、Linux® のワークロードの事業継続性を実現できます。遠隔地にある物理環境または仮想環境のインフラストラクチャやアプリケーションで発生する数多くの障害から保護します。

  • 1.
    HPE Superdome Flexサーバーは、いくつかのパフォーマンスベンチマークの記録を保持しています。詳細についてはブログ (https://community.hpe.com/t5/Servers-The-Right-Compute/Defying-the-law-of-diminishing-returns-HPE-Superdome-Flex/ba-p/7012970 (英語)) をご覧ください。
  • 2.
    HPE Superdome Flexサーバーに搭載されているRAS機能の詳細なリストについては、テクニカルホワイトペーパー (https://h20195.www2.hpe.com/v2/getdocument.aspx?docname=a00036491enw (英語)) をご覧ください。
  • Intel、インテル、インテルXeonは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。Oracleは、Oracleおよび/またはその関連会社の登録商標です。SAP HANAは、ドイツおよびその他いくつかの国におけるSAP SEの商標または登録商標です。Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。OpenStack Word Markは、米国およびその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマーク、または商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許可を得て使用されています。HPEは、OpenStack FoundationまたはOpenStackコミュニティに所属しておらず、承認もしくは支援も受けていません。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。