データ指向経営へと移行するため、SAP HANAを導入してリアルタイムインサイトを活用したいとお考えではありませんか。HPE Superdome Flex 280 for SAP HANAは、モジュール式による拡張性と優れたパフォーマンスを実現し、ミッションクリティカルな信頼性とコスト効率の向上を目的として設計されています。HPE Superdome Flex 280 for SAP HANAは、高度なメモリ耐障害性、ファームウェアファーストのアプローチ、分析エンジン、自己修復機能などの内蔵Superdome RAS機能を備えた、ミッションクリティカルなSAP®のユースケースに最適なプラットフォームです。HPE Pointnextの設計、展開、移行、およびリモートサービスが、SAPアプリケーション環境の完全なモダナイゼーションとSAP HANAへのスムーズな移行をサポートします。

機能

進化するビジネスニーズに対応できる選択肢と柔軟性

HPE Superdome Flex 280 for SAP HANAは、2~8ソケットで最大12TBのメモリまで拡張可能で、SAP S/4 HANA®とSAP® BW/4 HANA®のユースケースのスケールアップおよびスケールアウト構成が対象となります。

展開モデル (アプライアンスまたはTDI) と消費モデル (オンプレミスまたはクラウド) を選択して、SAP HANA環境と投資効果を最適化し、柔軟性、パフォーマンス、スケーラビリティを損なうことなくROIを向上できます。

HPE GreenLake for SAP HANAは、企業に合った最適な消費モデルを提供し、オンプレミスの制御性を維持しながら柔軟な消費を可能にします。

ミッションクリティカルなSAP HANAのユースケースに合わせたカスタマイズ

HPE Superdome Flex 280 Solutions for SAP HANAは、旧世代と比較して帯域幅が拡張され、データ転送速度が速くなっており、短時間で有益な情報を取得できます。[1]

DRAMのみを使用するか、HPE向けのインテル® Optane™ パーシステント・メモリー200シリーズと組み合わせて、単一のシステムで最大24TBのメモリを提供するように設計されています。

使用可能なHPE OneView、OpenStack、Redfish API、使いやすいサーバー管理GUIを使用して、SAPインフラストラクチャを簡単に管理できます。

卓越した信頼性とセキュリティでミッションクリティカルなSAP HANAワークロードを保護

HPE Superdome Flex 280 Solutions for SAP HANAは、ミッションクリティカルなアプリケーションに最高のサービスレベルを提供する内蔵RAS機能により、アップタイムと信頼性を向上させます。

卓越したエンドツーエンドのRASは、コンポーネントの冗長性、革新的なファームウェアファースト、自己修復、高度なメモリ耐障害性テクノロジーを幅広くカバーします。

HPE Serviceguardにより、SAP HANAのユースケース向けに完全に自動化された無人での高可用性および耐障害性ソリューションが実現し、計画外のダウンタイムが削減されます。

  • 1.
    第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのアーキテクチャーは、第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのアーキテクチャーの2倍となる、6個のUPIリンクを備えています。最大データ転送速度は、第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーより9%速い3,200MT/s@1DPCとなっています。
  • Intel、Intel Xeon、Intel Optaneは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。Linuxは、米国またはその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。SAP、SAP HANA、SAP S/4HANA、およびSAP BW/4HANAは、ドイツおよびその他の国におけるSAP SE (またはSAP関連会社) の商標または登録商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。