KVMスイッチ

データセンターのサーバーにアクセスして管理できる、シンプルで直感的なソリューションをお探しですか? HPE AdvancedアナログKVMコンソールスイッチでは、単一のユーザーインターフェイスを通じて、最大256台のラックマウント型サーバーを表示および管理することができます。これらのスイッチは、HPE LCD8500などのラックコンソールを通じてアクセスされるローカルのオンスクリーンディスプレイ (OSD) インターフェイスを活用して、接続されている各サーバーまたはシリアル管理されているデバイスにアクセスするための直感的なメニューを提供します。HPE AdvancedアナログKVMコンソールスイッチは、KVM-over-IP機能へのアップグレードにより、オンボードWebインターフェイス (OBWI) を介したリモートアクセス/管理を可能にするオプションのUSBリモートアクセスキーをサポートしています。コンソールスイッチの標準的なラックへの設置構成では、ラックコンソールで1U (4.45cm) の前面パネルラックスペースを共有します。ただし、各モデルはラックのサイドレールにマウントすることもでき「ゼロU」のマウントも可能です。

機能

単一のユーザーインターフェイスで最大256台のサーバーを監視および管理可能

HPE AdvancedアナログKVMスイッチではローカルのオンスクリーンディスプレイ (OSD) を利用でき、サーバー名、ステータス、電源テストデータおよび構成メニューなど、システム関連の情報にアクセスできます。

HPE AdvancedアナログKVMスイッチは、KVM-over-IP機能へのアップグレードにより、オンボードWebインターフェイス (OBWI) を介したリモートアクセス/管理を可能にするオプションのUSBリモートアクセスキーをサポートしています。

HPE AdvancedアナログKVMスイッチには、プログラム可能なスキャンが含まれています。このスキャンユーティリティを使用すると、コンソールスイッチで管理されている任意の、またはすべてのサーバーを順番にスキャンしてシステムのパフォーマンスを評価できます。

さまざまなインストールおよびサーバーの接続オプションを備えた8ポートおよび16ポートモデル。

HPE AdvancedアナログKVMスイッチには、標準的なITラックのサイド面と背面の両方に取り付けることができ、貴重なラックのスペースを消費しない「ゼロU」の設置をサポートする、マウント用のハードウェアが含まれます。

HPE AdvancedアナログKVMスイッチは、PS/2、USB、およびVT 100用のインターフェイスアダプターを介してさまざまなサーバー接続をサポートし (シリアルコンソールサポート)、さらに前面の診断コネクターを介してHPE BladeSystemをサポートします。

管理性

未認可ユーザーから保護するために、HPE AdvancedアナログKVMスイッチにはパスワードオプションがあります。

HPEインテリジェントパワーディストリビューション ユニット(iPDU)とHPE LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットへの接続時に、HPE Location Discovery Services(LDS)およびPower Discovery Services(PDS)をサポートします(HPE Location Discovery Services LCD8500キットが必要)。

オンボードWebインターフェイス (OBWI) – KVMのリモート管理を提供する内蔵型Webサーバー。

お客様の環境に適したAdvancedアナログKVMスイッチをご用意しています

HPE AdvancedアナログKVMスイッチは、HPEサーバー、ストレージ、ネットワーク製品とともに使用するよう設計されています。

HPE製ラックおよび電源製品は、HPE以外のIT機器でも使用できます。ただし、HPEサーバーで使用すると、ラック内のすべての機器の保守/管理を目的とした、サーバーおよびIPベースのさまざまなツールを利用できます。

ラックおよび電源インフラストラクチャの保証延長に追加料金は必要ありません。サーバー用に購入したHPE Pointnextオペレーショナルサービスは、ラック、パワーディストリビューションユニット、無停電電源システム、KVMコンソールスイッチなどのラック電源インフラストラクチャ製品に拡張されます。