KVMスイッチ

エントリーレベルのデスクトップやラックマウントサーバー環境に最適となるアクセス/管理/制御を一元化できるKVMスイッチ製品です。Standard(エントリー)シリーズとなるHPE ATEN G2はコスト効率の高いソリューションを提供するKVMサーバーコンソールスイッチです。接続しているサーバー機器は3つの方法で簡単に選択し管理することが可能です: KVMスイッチの押しボタンによるポートの選択、キーボードのホットキーの組み合わせ、またはオンスクリーンディスプレイ(OSD)。このKVMスイッチは、HPE LCD8500 1Uラックマウントコンソールキットに簡単に接続することが可能となり、1つのモニター/キーボード/マウス構成で複数サーバーにアクセルすることが可能です。ATEN G2スイッチは、マルチプラットフォームOSをサポートしており、2台16ポートモデルのカスケード接続で最大256台の機器を管理できます。このKVMスイッチは、認可ユーザーだけが制御できる2レベルのパスワードセキュリティを備えているだけでなく、4つのユーザープロファイルと1つの管理者プロファイルをサポートします。ATEN KVMサーバーコンソールスイッチG2はサーバーはHPEの製品標準保証(3年)が含まれます。また、本製品は接続サーバー本体の保守契約のサポート対象となります。

最新情報

  • 4、8または16ポートモデルによる製品ポートフォリオの拡充により、幅広いIT環境をサポートします。
  • 前面のプッシュボタンで簡単に繋げたいサーバー機器を選択可能
  • 階層化/カスケードをサポートし、最大256台のデバイスを制御可能

機能

ATEN G2 KVMスイッチは、ほとんどのIT環境に設置できます

HPE ATEN G2 KVMスイッチは、HPEファクトリーエクスプレスサービスを利用してHPE製ラックに統合できます。

HPE Advanced G2ラックに簡単に取り付けられるマウンティングハードウェアが付属しています。

デスクトップ構成にスイッチを配置するための取り付け可能なフットパッドが付属しています。

HPE ATEN G2 KVMスイッチでは、3つの方法でターゲットデバイスを選択できます

HPE ATEN G2 KVMスイッチは、前面にLEDインジケーターが付いたプッシュボタン選択機能を搭載しており、ターゲットデバイスを直接選択できます。

キーボードのホットキーによりターゲットデバイスを選択することが可能です。

メニュー形式の多言語OSD (オンスクリーンディスプレイ) により、接続したモニターまたはKVMコンソールのグラフィカルインターフェイスからターゲットデバイスを選択できます。

HPE ATEN G2 KVMスイッチにより、最大256台のサーバーを接続できます

HPE ATEN G2 KVMスイッチには、4、8、16ポートモデルがあり、2階層のカスケードテクノロジーでそれぞれ16、64、256台のデバイスをサポートします。

USBを使用したVGAとディスプレイポートビデオ両方でのサーバーの接続をサポートするインターフェイスアダプターケーブルオプションにより、各サーバーへのKVMスイッチの接続がサポートされます。

HPE ATEN G2 KVMスイッチは、未認可ユーザーがスイッチを使用できないようにするセキュリティ機能を搭載しています

HPE ATEN G2 KVMスイッチには、認可ユーザーだけが接続デバイスを表示して制御できる2レベルのパスワードセキュリティが備わっています。

HPE ATEN G2 KVMスイッチは、最大4つの異なるユーザープロファイルと1つの管理者プロファイルをサポートします。