Integrity Superdome

今日のデータセンターは、十分に活用されていないシステムや複雑なプロセスが増え、運用には過剰なマンパワーが必要となっています。 HP Integrity Superdome 2サーバーファミリーは、将来のIT基準に基づいて構築されています。 HP Converged Infrastructureを利用し、すべてを簡素化、統合化、自動化することによって、統合、モダナイゼーション、共有サービス、ビジネス継続性といった取り組みにも対応します。 ブレードデザイン、一般的なネットワークファブリック、包括的なクロスドメイン制御と高度な電力/冷却管理に基づいて、次世代のメインフレームの代替品としてご検討いただけます。最大32個の8または4コアのインテル®Itanium® プロセッサーをサポートし、要求の非常に厳しいアプリケーションとワークロードに対応するミッションクリティカルな拡張性と信頼性を実現します。 Superdome 2は、最大8TBのメモリに対応でき、ECCと組み込まれた冗長性を備えます。 HP Integrity Superdome 2は、究極のミッションクリティカル統合プラットフォームです。

最新情報

  • インテルItanium9500プロセッサーシリーズは低電圧の8GBメモリモジュールで使用可能。

機能

融合型インフラストラクチャ

HP Integrity Superdome 2がもたらすブレード設計に基づく共通モジュラーインフラストラクチャによって、重要なすべてのアプリケーションがよりスマートな方法でサポートされます。

一般的なネットワークファブリックによって、シンプルかつ柔軟性のある方法で任意のネットワークにシステムを瞬時に接続できます。

包括的なクロスドメイン制御によって、操作が自動化され、生産性と使用率の向上がもたらされます。 クロスバーファブリックは柔軟性と耐傷害性を兼ね備えています。

高度な電源および冷却管理によって、エネルギー使用が制御され、どのようなワークロード下においてもリアルタイムで効率性が高まります。

ミッションクリティカルな設計

HP Integrity Superdome 2は4コアおよび8コアのインテル® Itanium® プロセッサー 9500製品ファミリーを使用した、ブレード型の統合アーキテクチャーです。

最大8TBのメモリに対応し、すべての主要コンポーネントにおいてダブルチップスペア、ECC、組み込まれた冗長性を備えた、非常に弾力性に富むモジュラーブレード設計のプラットフォームを提供します。

最大96個のPCIeスロット、64個の10 GbEポートを備え、迅速にスケールアップ、スケールアウト、および内部拡張可能な仮想ファブリックを提供します。

BladeSystemの効率化

HP Integrity Superdome 2には、システム全体で使用される共通のコンポーネントが備わっています。

標準ラック形式はデータセンター環境に適合するように設計されています。

クロスバーファブリックによりスケーリングが可能になるため、I/Oがプロセッサーに依存せずに拡大縮小できます。

パワーオンワンスは、システムの電源をオフすることなく稼働状態を維持する完全な弾性フレームワークです。

  • インテル®は、米国およびその他の国/地域におけるIntel Corporationの商標です。Itanium®は、米国およびその他の国/地域におけるIntel Corporationの商標です。