Integrity BL800cサーバーブレード

HP Integrity BL890c i2サーバーブレードは、最新のインテル® Itanium®プロセッサー9300番台を搭載する8ソケット型のフルハイトブレードで、最大1.5TBのメモリ(96のDIMMスロット)と16つのFlex-10 (10 Gigabit)Ethernetポートを標準で装備しています。 BL890c i2ではHP独自のBlade Linkテクノロジーが採用されており、複数のブレードを組み合わせて2、4、8ソケットのシステムを構築することによって、スケーラビリティと柔軟性を高めることができます。 Integrity BL890c i2サーバーブレードは、HP BladeSystem cクラスエンクロージャー内においてProLiantサーバーブレードおよびストレージブレードの両方と共存可能です。

機能

内部拡張およびスケールアップやスケールアウト

最大8基のインテル® Itanium® プロセッサー9300番台を搭載し、32コアのコンピューティングパワーを提供

96個のDIMMスロットに、ダブルチップスペアリング対応のDDR3メモリを最大で1.5TB搭載することが可能で、要求の厳しいアプリケーションに大容量のメモリリソースを提供

Blade Linkテクノロジーを採用したアップグレードキットにより、2ソケットから4ソケット、8ソケットサーバーブレードまでリニアなスケーラビリティが可能になります。 BL860c i2からBL870c i2へのアップグレード; またはBL870c i2からBL890c i2へのアップグレードが簡単に行えるため、変化するビジネス需要に対応することができます。

最大8台のホットプラグ対応スモールフォームファクター(SFF)SASハードディスクドライブまたはソリッドステートディスク(SSD)を搭載可能

FCoE、SAS RAID、ファイバーチャネルなどをサポートする、メザニンカードを最大12枚まで追加できるオプション機能を備えた16ポートの内蔵Flex-10 NIC

常時稼動を可能にする耐障害性

インテル® Itanium® プロセッサー9300番台では、インテルキャッシュセーフテクノロジーや耐エラーラッチなどを通じて、信頼性を業界標準のボリュームプロセッサの最大2倍まで引き上げることを可能にしています。

シングルチップスペアに比べ17倍のメモリ信頼性を実現するダブルチップスペアリング機能

業界をリードする統合インフラストラクチャ管理

HP Virtual Connect Flex-10テクノロジーにより、追加のサーバーアダプターを取り付けることなく、最大64のFlexNICポートのEthernet接続が可能

HP-UX Virtual Partitions (vPars)は、BL890c i2サーバーブレード1つにつき最大31のvParsを提供し、リソースを動的に調整および共有し、発生するオーバーヘッドはごく僅かです。 HP Integrity VMは、リソース使用率や柔軟性の向上(共有プロセッサーおよびI/Oデバイス)、迅速な配備といったメリットをお客様にもたらします。

Integrity Integrated Lights-Out3(iLO3)はHPの次世代のリモート管理で、セットアップ、ヘルスモニタリング、およびリモート管理を簡素化するビルトインのコア管理機能を提供します。 すべてのIntegrity BL890c i2ブレードはIntegrity iLO3 Advanced Packライセンスがプリインストールされた状態で出荷されます

電力および冷却機能を高度な電力消費上限設定機能で効率的に利用したり、OSパワーレギュレーターを使用してパフォーマンスを維持しながら電力を節約することを可能にする、Insight Control Power Manager(ICPM)での電力使用量を最適化します。

インフラストラクチャオーケストレーションにより、複雑なインフラストラクチャのプロビジョニングと変更を数分で行います。