Edgelineシステム

エッジすなわちデータセンターとは異なる過酷な環境で、セキュアな拡張性と保守性を満たすコンパクトな耐久性と柔軟性が求められていませんか?
HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemは、いままでと異なるコンピュートの可能性を活用し、世界中で生成され増大する一方のデータを管理するよう設計されています。HPE Edgeline EL8000はHPE ProLiant e910 Server Bladeを収容して、従来のデータセンターにあるかのごとく展開および管理できます。高密度で堅牢なフォームファクターのHPE Edgeline EL8000は、0°C~55°Cの厳しい温度環境に対応するよう設計されており、世界中のデータが作成される現場にデータセンターのコンピュート能力とテクノロジーをそのままスケールおよびデリバリーできる柔軟なモジュラーアーキテクチャーを備えています。

最新情報

  • 従来型のx86コンピュートを、従来型のデータセンターから遠く離れたエッジにコンピュート性能を犠牲にすることなく展開できるよう最適化。
  • ワイヤレス接続も利用可能な、業界標準のRedfish仕様に準拠したエッジに最適化されたリモートシステム管理。
  • コンパクトなフォームファクター: 短い奥行きとハーフワイドオプション。
  • エッジの厳しい設置環境におけるセキュアな拡張性と保守性を満たす堅牢なモジュラー型フォームファクター。NEBS3およびASHRAE 3/4に準拠。
  • 最新のエッジにおける人工知能 (AI) ユースケース向けの幅広いアクセラレータ―サポート (FPGA/GPU)。
  • シャーシ内組込みネットワークによりクラスター構成可能な、最大4台の独立したコンピューティングノード。

機能

データセンターから遠く離れた場所への展開に向けた、コンパクトで堅牢なフォームファクター

HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemのフォームファクターの奥行きはスペースが限られた環境を想定して、他社には例のない17インチに設計されています。他のx86システムには狭すぎる限られたインフラストラクチャにもフィットします。

シャーシの幅は8.7インチで、通信事業者の環境、作業車、製造現場など、ディープエッジへの展開に向けてさらなる柔軟性を提供します。

当システムはNEBSに準拠しており、セキュアなスケーラビリティを提供します。

幅広い構成の可能性を提供するモジュラー設計

HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemでは、コンピュートの高密度化またはI/Oの拡張のいずれかを柔軟に選択できます。

このコンパクトで堅牢なシステムは高い処理性能を提供し、メディアストリーミング、IoT、AI、ビデオ分析など、重要なユースケースをサポートします。

HPE Edgeline EL8000は、エッジコンピュートのトランスフォーメーションを可能にする汎用性の高いプラットフォームです。ユースケースの要件が変化しても、システムの柔軟なモジュラー型アーキテクチャーによってその要件を満たすことができます。

HPE Edgeline Chassis Managerによるシームレスな管理とセキュリティ機能

HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemは、システムレベルの稼働状況監視とアラート発行機能によってダウンタイムを削減する、HPE Edgeline Chassis Managerを搭載しています。

電源の稼働状況とステータスの監視機能に加え、実装された各サーバーのためにファン速度を管理することで、効率性と信頼性を向上します。

HPE Edgeline Chassis Managerによって、ファームウェアアップグレードの管理と実装を簡素化できます。