Edgelineシステム

セキュアで信頼性が高いうえに多様なワークロードに対応する、実績ある5Gファーエッジコンピューティングプラットフォームを必要とされていませんか。HPE Edgeline e920tサーバーブレードは、5G、マルチアクセスエッジコンピューティング、および小売動画分析向けの仮想RAN (vRAN) をサポートすることで将来に向けたビジネスを推進するよう設計された、マルチワークロードエッジソリューションです。NEBSレベル3を超えるパフォーマンスを実現し、サイズ、重量、および電力に制約のある環境でも動作する設計となっているHPE Edgeline e920tサーバーブレードは、耐久性に優れた高密度コンピュートが必要なお客様に最適なサーバーです。ブレード型の設計により、簡単に挿入したり引き出したりしてメンテナンスやアップグレードを行えます。幅広いI/Oオプション、業界をリードするマネージャビリティ、およびiLOのセキュリティを備えたHPE Edgeline e920tサーバーブレードは、通信事業者や小売業者などのエッジのワークロードのニーズに対応するコンピュートソリューションです。

最新情報

  • 第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーとDDR4メモリおよびPCIe Gen 4。
  • M.2ドライブでインテル® VROC (RAID) をサポート。
  • 不揮発性メモリをサポート。
  • マザーボード上のM.2 NVMeドライブ4台と追加のドライブ4台、およびオプションのライザー。

機能

通信事業者のエッジの過酷な環境で優れたパフォーマンスを実現

HPE Edgeline e920tサーバーブレードは、第3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーを活用して、過酷な環境に対応できるよう機能強化されたハイパフォーマンスシステムを提供します。追加のPCIeレーンにより、強力なGPUやアクセラレータなどの幅広いI/Oオプションを使用できるようになりました。

厳格なNEBSレベル3のコンプライアンス標準を超える設計となっているうえ、サイズ、重量、および電力に制約のある環境でも動作します。M.2 NVMe SEDストレージなどのオプションで0°C~55°Cの動作温度に対応し、ハイパフォーマンスなコンピュートソリューションを実現します。

完全な機能スタックで通信事業者のお客様がすぐに成果を向上させることができるようサポート

主要なネットワーク機器プロバイダー (NEPS) とのパートナーシップとWind River OSなどのオペレーティングシステムのサポートにより、HPE Edgeline e920tサーバーブレードは通信事業者の過酷なエッジ環境に容易に対応できるようになりました。

非常に大規模なGPUやアクセラレータなどの幅広いI/Oオプションが用意されています。インテル社のeASICテクノロジーを搭載したvRAN Dedicated Accelerator ACC100を使用することにより、HPE Edgeline e920tサーバーブレードでは前方誤り訂正 (FEC) を容易に行えます。

ブレード型のアーキテクチャーにより、アップグレードと保守がスムーズに行えます。旧世代のサーバーブレードとこのシステムには完全な互換性があるため、さまざまな世代のブレードと製品を使用して2つのアプリケーションを同時に実行したり、既存のシャーシシステムを簡単にアップグレードしたりできます。

エッジでマネージャビリティとセキュリティを向上

HPE iLO 5とSilicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性) を備えたHPE Edgeline e920tサーバーブレードは、ミッションクリティカルなエッジ環境のリスクを軽減します。iLO 5の機能を活用することにより、稼働状態を監視してシステムを管理するとともに、強化されたセキュリティ機能で簡単にファームウェアを管理できます。

データセンター外の環境は拡大し続けていますが、ヒューレット・パッカード エンタープライズのマネージャビリティシステムでは、従来のITスキルがそれほど必要とされないため、企業はあらゆる場所からスムーズにシステムのアップデート、構成、および監視を行うことが可能です。

  • インテル Xeon、Intel、およびインテルは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。