Edgelineシステム

データセンターから離れたエッジ環境の過酷な条件下で使用できるよう設計された、堅牢なサーバーをお探しではありませんか。HPE Edgeline EL8000t Converged Edge Systemは、より遠方の最も過酷なエッジ環境でも、高パフォーマンス、低レイテンシのデータ収集および処理を実行できる設計となっています。オープン標準ベースのHPE EL8000tでは、エッジからクラウドまでの一般的なツールやアーキテクチャーを柔軟に展開できるため、展開、運用、トレーニングコストの削減が可能です。また、このオープン標準ベースのアーキテクチャーでは、ワークロードの要件に最も適したハードウェアとソフトウェアをお客様が選択できるため、ベンダーロックインを回避できます。通信事業者環境向けに設計されたEL8000tは、奥行きの浅い超高密度シャーシを備えており、小規模な設置面積でも柔軟にラックを構成できるサイズ、重量、電力仕様となっています。これにより、通信サービスプロバイダーのお客様は、膨大なデータをエッジでリアルタイムに直接処理できます。冗長冷却/電源オプションにより、システムを障害から保護します。

機能

最も過酷な環境でも稼働できるよう徹底的に堅牢化

HPE Edgeline EL8000t Converged Edge Systemの動作温度は0~55°C (32~131°F) で、MIL-PRF-28800Fクラス3温度制限値に準拠した設計となっています。

NEBSレベル3に準拠した設計となっています。

動作湿度は最大90% (結露なきこと)。

HPE Edgeline EL8000t Converged Edge Systemは、最大10Gの動作時耐衝撃性があります。

オープンな標準ベースのアーキテクチャーで高い柔軟性とコスト最適化を実現

HPE Edgeline EL8000t Converged Edge Systemは、エッジからクラウドまでの一般的なツールおよびアーキテクチャーで構築されており、展開やトレーニングのコストを削減できます。

単一のハードウェアセットを展開、管理、サポートすることで、運用コストを削減できます。

お客様のワークロードの要件に最も適したオプションやソフトウェアを柔軟にお選びいただけます。

ミッションクリティカルな通信事業者環境向けに設計

HPE Edgeline EL8000t Converged Edge Systemは奥行きの浅い超高密度シャーシを備えており、小規模な設置面積でも柔軟にラックを構成できます。

既存の環境にも新しい環境にも適合するようサイズ、重量、電力が最適化されています。

冗長冷却/電力により、リモート拠点におけるダウンタイムを低減します。