Apollo 2000 System

HPE Apollo 2000 Gen10 Systemで大規模クラウドやウェブサービスなど従来型のエンタープライズ用途に、1システム4ノードを稼働する多目的サーバーを導入しませんか?HPE ProLiant XL170r Gen10サーバーはHPE Apollo 2000 Gen10システムに導入され、従来のラックマウント型システムより高密度化を達成し[1]、ファームウェアレベルでサーバーのセキュリティを確保でき、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) ワークロード向けの柔軟なスケールアウトアーキテクチャーを提供します。各サーバーノードは、同じシャーシを共有する他のノードの運用に影響を与えることなく個別に保守できるため、サーバーのアップタイムを延ばすことができます。各サーバーは、最大2933 MT/秒のHPE DDR4 SmartMemory (ノードあたり16個のDIMMスロット) と2個の第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのパフォーマンスを、電力/冷却設備の両方を共有する非常に効率的なソリューションで活用します。4台のスモールフォームファクター (SFF)、3台のラージフォームファクター (LFF) ディスクドライブ、または4台のNVMeソリッドステートドライブ (SSD) をサポートしており、柔軟にストレージを構成できます。

最新情報

  • HPCワークロード向けにパフォーマンスを向上できる最新プロセッサーを含め、最新の第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーをサポートします。
  • Intel Deep Learning Boost - ディープラーニングとAIワークロードの高速化を目的としてVector Neural Network Instruction (VNNI) が導入され、新しいインテル®アドバンストベクトルエクステンション (インテル® AVX-512) 命令セットが加わりました。
  • 高速のDDR4 2933MT/秒 1 DPC (DIMM per Channel)、および128GBの大容量のSmartMemoryをサポートします。
  • 個別のインテル® Arria® 10 FPGAのサポート。

機能

優れた管理機能によるデータセンターの最適化

HPE ProLiant XL170r Gen10サーバーは、1Uサーバーの2倍の密度を誇り、2Uシャーシで1Uサーバー4台に相当するパフォーマンスを実現します[1]。

HPE iLO 5管理、HPE Apollo Platform Manager、HPE Insight Cluster Management Utility (CMU) などのツールにより、包括的な管理を実現します。

3つのシャーシオプションにより、Apollo 2000では、HPCワークロードの要求を満たす適切なストレージを柔軟に選択できます。

包括的なサーバーセキュリティ

HPE ProLiant XL170r Gen10サーバーはいずれも、HPE iLO 5管理を使用してSilicon Root of Trust (シリコンレベルの信頼性) によるファームウェアレベルのセキュリティを実現しています。

Commercial National Security Algorithms (CNSA) レベルのセキュリティにより、業界最高レベルのセキュリティを提供します。

改ざんされたファームウェアが検出されると、セキュアリカバリにより、重要なファームウェアを直近の良好とわかっている状態に迅速にリカバリできます。

ファームウェアのランタイム検証では、実行時に重要なファームウェアが定期的にスキャンされ、感染コードが検出されるとアラートが送信されます。

柔軟なスケールアウトアーキテクチャー

HPE Apollo 2000 Gen10システム内では、HPE ProLiant XL170r Gen10サーバーとHPE ProLiant XL190r Gen10サーバーを組み合わせることができます。

ストレージ割り当てを強化するドライブマッピングによってストレージとI/Oの柔軟性を向上します。

適正な規模でスケーリングでき、小規模な構成から始めて、ビジネスの成長に合わせて拡大できます。