メモリ帯域幅の制限を受けているアプリケーションのパフォーマンスを引き出すための手段をお探しなら、各コアで卓越したメモリ帯域幅を提供し、バランスの取れたアーキテクチャーでFortranコードとC/C++コードを有効活用できるようにする、NEC Vector Engine Acceleratorをお勧めします。このアクセラレータを使用すれば、ネイティブのベクトルアーキテクチャーにより、各サイクルできわめて多くのデータを処理することが可能です。また、過去数十年にわたるベクトルスーパーコンピューター時代の経験が活かされた標準的な開発環境でこれらの機能を簡単に活用できます。

最新情報

  • ユーザーのフロントエンドとしてLinux®オペレーティングシステムを実行する標準的なx86サーバーでPCIeフォームファクターのベクトルプロセッサーシステムをホスト。
  • きわめて高いパフォーマンスと低消費電力を実現するために16nm FinFETプロセステクノロジーを使用して開発。
  • Chip on Wafer on Substrateテクノロジーを使用して、他に類を見ない6個のHBM2メモリモジュールとベクトルプロセッサーの統合を実現し、1.2TB/秒という卓越したメモリ帯域幅を提供。

機能

高メモリ帯域幅

NEC Vector Engine Acceleratorには、48GBの容量と1.2TB/秒の帯域幅を提供する6個の統合HBM2モジュールが含まれています。

8個のコア間におけるラストレベルキャッシュの共有により、共有メモリの並列化が促進されます。

標準的なプログラミング環境

NEC Vector Engine Acceleratorは、新しいプログラミング環境へのアプリケーションの移行を必要としません。既存のFortranコードとC/C++コードを移植する必要がなく、NEC Vector Engineプロセッサー用に再コンパイルするだけで済みます。

数十年にわたるベクトルマシンの経験が活かされたコンパイラ、ライブラリ、およびツールで完全なソフトウェア環境を構築できます。コンパイラはループのベクトル化と自動並列化に対応しています。OpenMPとMPIによる並列化がサポートされます。

  • Linuxは、米国およびその他の国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。