HPE 5940 Switchシリーズは、高性能かつ低レイテンシの10GbE、40GbEトップオブラック(ToR)データセンタースイッチのファミリです。シリーズには、100Gのアップリンク・テクノロジーが含まれており、FlexNetworkアーキテクチャの基礎であるヒューレット・パッカードエンタープライズのFlexFabricデータセンターソリューションの一部です。HPE 5940 Switchシリーズを使用すれば、スイッチの使用率を向上させてTCOを低減しつつ、ビジネスの耐障害性と可用性を高めることが可能です。

最新情報

  • VXLANとOVSDBにより、ネットワーク仮想化およびオーバーレイソリューションをサポートします。
  • 最大9個のスイッチのIRFサポートによって、管理が最大88%簡素化されます。
  • OpenFlowおよびSDNによって、手動タスクが自動化され、サービス提供が速まります。

機能

高度な機能を備えた高密度のデータセンタースイッチ

HPE 5940 Switchシリーズは、3種類の構成を実現する1RUとして使用できます。40Gのポート6個を備えた48個の10GbEポート、100Gのポート6個または40GbEのポート32個を備えた48個の10GbEポート。

100GbEポートは4つの25GbEポートに分割できます。また、40GbEを4つの10GbEに分割し、合計128個の25/10GbEポートとして使用することも可能です。

High-Performanceデータセンタースイッチング

HPE 5940 Switchシリーズは、最大2.56Tbpsのスイッチング容量で非常に要求の厳しいデータセンターアプリケーションに対応します。

データを多用する環境で最大1904Mppsのスループットをサポートします。

低レイテンシ (10GbEで1マイクロ秒未満) のため、ビジネスアジリティが向上します。

VXLANは、ネットワーク仮想化およびオーバーレイソリューションをサポートします。

OVSDBによりVXLANトンネルを動的に管理します。

Comware 7によるビジネスアジリティと耐障害性

HPE 5940 Switchシリーズは、Intelligent Resilient Fabric (IRF) によって50ミリ秒未満でのコンバージェンスを実現し、アプリケーションの応答時間を短縮します。

インサービスソフトウェアアップグレード (ISSU) によって高可用性が実現し、バックグラウンドにおいて再起動や電源再投入が行われることなく更新が実行されます。

簡素性とTCO削減

HPE 5940 Switchシリーズは、9ユニットのIntelligent Resilient Fabric (IRF) によりスイッチの管理を最大88%簡素化します。

すべてのOS機能でスイッチにつき1ライセンスの単純な仕組みにより、見えない追加コストがありません。

すべてのスイッチポートは、アクティブな状態にあり、認証ライセンスなしですぐに使用できます。