HPE 5900 Switch シリーズは、HPE FlexNetworkアーキテクチャーに基づくHPE FlexFabricソリューション向けの製品であり、高密度かつ超低遅延を実現するTop-of-Rack(ToR)型スイッチです。大規模データセンターのサーバーアクセスレイヤーへの導入に適しているほか、中規模データセンターのコアレイヤーにも適した設計になっています。仮想化アプリケーションやサーバー間トラフィックの急激な増加に伴い必要とされるようになった、高パフォーマンスなサーバーアクセス、通常のEthernetトラフィックとストレージトラフィックの統合、仮想環境の通信基盤の最適化、超低遅延などの機能を1つのデバイスで実現する画期的なToR型スイッチです。

最新情報

  • 超低遅延、ワイヤースピードのパケット処理能力を提供
  • データセンターネットワークの階層をフラットな2階層構成へ大幅に簡素化するHPE Intelligent Resilient Framework(IRF)テクノロジー
  • 高密度な1GbE/10GbEポート、40GbEのアップリンク
  • IPv6のサポート、L2/L3でワイヤースピードをサポート
  • DCB、FCoE、TRILLなどデータセンターネットワークに適した機能をサポート

機能

高いポート密度による柔軟性: HPE 5900 Switch シリーズは、1RU構成のTop of Rack型スイッチで、1GbEおよび10GbEに対応する48ポートの高密度接続によりサーバーエッジを拡張可能。40GbE QSFP+アップリンクにより、帯域幅を大量に消費するアプリケーションの可用性を確保。40GbE QSFP+ポートのそれぞれは、40GbE-to-10GbEスプリッターケーブルを使って4個の10GbEポートとして構成することも可能

高い拡張性: HPE Intelligent Resilient Framework(IRF)テクノロジーにより、サーバーアクセスネットワークの構成を大幅に簡素化。最大9台のHPE 5900 Switchを組み合わせることにより、仮想化したアクセスレイヤースイッチの拡張性を大幅に高めると同時に、IRFを使用することによりフラットでシンプルな2階層構成のネットワークを低コストで実現

SPB、TRILLおよびEVB/VEPA: エンタープライズデータセンターの拡張性を高めるTRansparent Interconnection of Lots of Links(TRILL)およびShortest Path Bridging(SPB)をサポート。Edge Virtual Bridging with Virtual Ethernet Port Aggregator(EVB/VEPA)により、データセンターの仮想環境を接続

Data Center Bridging(DCB)プロトコル: 統合アプリケーション向けのIEEE 802.1Qbb Priority Flow Control(PFC)、Data Center Bridging Exchange(DCBX)、IEEE 802.1Qaz Enhanced Transmission Selection(ETS)をサポート

FCoEのサポート: Fibre Channel over Ethernet(FCoE)のサポート(拡張、ファブリック、トランクVFおよびNポート、Eポートのアグリゲーション、Nポートの仮想化など)。ネームサーバー、Registered State Change Notification(RSCN)、ログインサービスなどのファブリックサービス、VSANごとのファブリックサービス、FSPF、ソフト/ハードゾーニング、Fibre Channelのtraceroute/ping/debug、FIPスヌーピングもサポート

MACベース/プロトコルベース/サブネットベースのVLAN: 詳細な制御とセキュリティ設定行うことが可能。RADIUSを使ってMACアドレス/ユーザーを特定のVLANにマッピングしたり、プロトコルを特定のVLANにマッピングしたり、サブネットを特定のVLANにマッピングすることが可能

Ethernetリンクアグリゲーション: IEEE 802.3ad Link Aggregationにより、16ポートのグループを最大128個サポート。LACP、LACP Local Forwarding First、LACP Short-timeをサポートし、データセンターに適した高速で耐障害性の高い環境を実現

Spanning Tree Protocol(STP): STP(IEEE 802.1D)、Rapid STP(RSTP、IEEE 802.1w)、Multiple STP(MSTP、IEEE 802.1s)、Per-VLAN Spanning Tree(PVST)に対応

VLANのサポート: 4,096個のVLANをサポート(ポート、MACアドレス、IPv4サブネット、プロトコル、ゲストVLANに基づく)。VLANマッピングもサポート

レイヤー3 IPv4ルーティング: IPv4ルーティングをメディアスピードで実行。スタティックルート、RIPおよびRIPv2、OSPF、IS-IS、BGPをサポート

レイヤー3 IPv6ルーティング: IPv6ルーティングをメディアスピードで実行。スタティックルーティング、RIPng、OSPFv3、BGP4+ for IPv6、IS-ISv6をサポート

Equal-Cost Multipath(ECMP): ルーティング環境で複数の等コストリンクを有効にし、リンクの冗長性を高め、帯域幅を拡張

Bidirectional Forwarding Detection (BFD): リンク接続をモニタリングし、RIP、OSPF、BGP、IS-IS、VRRP、MPLS、IRFのネットワーク収束時間を短縮

マルチキャストルーティング: マルチキャストプロトコル(PIM-SM、PIM-DM、PIM-SSM、PIM-BIDIR)をサポート

HPE Intelligent Resilient Framework(IRF)テクノロジー: HPE FlexFabricソリューションにより、耐障害性・拡張性の高い安全なデータセンターネットワークを実現。IRFを構成して最大9台の5900スイッチをグループ化し、1つのIPアドレスを持つ1台のスイッチとして設定および管理可能。これにより、ToR型の導入や管理が簡単になり、データセンターの導入・運用コストを削減

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP): VRRPにより、それぞれ2台のルーターから構成されるグループが相互に動的にバックアップすることで、可用性の高いルーティング環境を実現

パッチやアップグレードを中断なく適用: 機器を再起動することなくパッチや新しいサービス機能をインストールできるので、ネットワークのアップタイムが向上し、簡単にメンテナンスすることが可能

Device Link Detection Protocol(DLDP): リンク接続をモニタリングし、単一方向リンクを検出した場合に両端のポートをシャットダウン。これにより、STPを使用するネットワークでのループ発生を防止

グレースフルリスタート(GR)とノンストップルーティング(NSR): ルーターが他のルーターにその機能を通知し、一時的シャットダウン中でもルーティングテーブルが維持されるので、復旧時の収束時間が大幅に減少。OSPF、BGP、IS-ISでGRをサポート。OSPFおよびIS-ISでNSRをサポート