最新情報

  • 静的レイヤー3ルーティング、RIP、9シャーシIRFスタッキングを備えた拡張可能な管理スイッチ
  • 4個の固定10GbEアップリンク (SFP+および10GBASE-T)。
  • 音声、ビデオ、無線用のPoE+モデル。
  • 限定ライフタイム保証。

機能

拡張性と柔軟性に優れたアクセスレイヤースイッチ

4個の固定10GbEアップリンク (SFP+および10GBASE-T) は、帯域幅使用量の多いアプリケーション性能を改善します。

将来のネットワークに対応するOpenFlow 1.3サポートを備えたソフトウェア定義ネットワーク(SDN)が含まれます。

トラフィック管理によるサービス品質の向上

サポートされる次の輻輳操作によりトラフィック優先順位付けを可能にします: Strict Priorityキューイング(SP)、重み付きラウンドロビン(WRR)、重み付きランダム初期検知(WRED)、Committed Access Rate(CAR)およびラインレートを備えたSP+WRRとトラフィックポリシー。

ブロードキャストトラフィック率の制限を可能にするブロードキャスト制御は、不要なネットワークブロードキャストトラフィックを排除して不要なネットワークトラフィックを削減します。

包括的なセキュリティ制御

ACLはIPレイヤー2~レイヤー4トラフィックフィルタリングを提供します; グローバルACL、VLAN ACL、ポートACLおよびIPv6 ACLをサポートします。

SSHv2、SSL、SNMPv3によるアクセス方法(CLI、GUIまたはMIB)の暗号化、およびDHCP保護、IPソース保護、動的ARP保護、RADIUS/HWTACASといったその他の機能を備えたセキュリティ。

ネットワークの単一ビュー

RMONおよびsFlowは、統計情報、履歴、アラーム、イベントに関する高度な監視機能とレポート機能を提供します。