HP 5700 Switchシリーズは、高パフォーマンスかつ超低遅延を実現するアクセススイッチであり、ローカルスイッチング容量を増やしつつポート接続機能を拡張することが可能です。 HP FlexNetworkアーキテクチャーに基づくHPデータセンターソリューション向けの製品です。HP 5700 Switchシリーズは、中~大規模データセンターのサーバーアクセスレイヤーへの導入に適しています。帯域幅を大量に必要とする仮想化アプリケーションやサーバー間トラフィックをサポートする高パフォーマンスを提供しつつ、TCOを抑えることができ、耐障害性が高く、管理しやすいスイッチです。 IRFにより管理の複雑さを最大で88パーセント削減できる一方、50ミリ秒未満で収束する俊敏性も備えています。

最新情報

  • ローカルスイッチング容量を増やしつつ、高パフォーマンスポートの拡張が可能
  • 仮想化および2階層構成によるシンプルなネットワークを実現するHP Intelligent Resilient Framework(IRF)テクノロジー
  • ワイヤースピードの高密度な1/10GbEポート、40GbEのアップリンク
  • レイヤー2およびライトレイヤー3機能(スタティックルーティングおよびRIP)
  • DCB、FCoE、TRILLなどデータセンターネットワークに適した機能をサポート

機能

データセンターネットワークを確実な方法で拡張

HP 5700 Switchシリーズは、ローカルスイッチング容量を増やし、拡張性を高める機能を備えているので、エンタープライズネットワークを拡張し、より多数の顧客をサポートすることが可能

ネットワークに追加した最大30台のHPスイッチを1台のControlling Bridge(CB)で管理できるので、サーバーの接続性が向上(将来的に対応)

HP 5700 Switchシリーズは、SFPおよびBASE-Tをサポートする1/10GbEポート、10/40GbEアップリンクを備えており、予算や環境に適した構成が可能

高パフォーマンスなデータセンタースイッチ

HP 5700 Switchシリーズは960Gbpsのスイッチング容量を備えているので、帯域幅を大量に使用するアプリケーションに対応することが可能

ローカルスイッチング機能を備え、ポートマルチプレクサーを使用せずにネットワークに接続することが可能

10GbEの場合1.5マイクロ秒未満という低遅延なので、スループットが向上し、パケット損失が減少

Comware 7による迅速な設定、高い耐障害性

IRF機能により50ミリ秒未満で収束できるので、アプリケーションの応答時間が減少

スパイン/リーフ型のIRFをサポートし、ECMPおよび高速な収束に対応しているので、ネットワークの俊敏性が向上

Service Software Update(ISSU)機能により、再起動や電源の入れ直しをせずにバックグラウンドでアップデートすることが可能

シンプル、低いTCO

HP 5700 Switchシリーズを使用すると、IRF機能によりスイッチ管理を88パーセントシンプルにすることが可能

スイッチあたり1ライセンスですべてのOS機能を使用できるシンプルなライセンス方式なので、隠れた追加コストが発生しない

ポートマルチプレクサ―を使用する競合製品に比べ、25パーセントのコスト削減ができ、低いTCOを実現

Software Defined Network(SDN)により、手間のかかるタスクを自動化し、無駄なリソースを再利用することが可能