固定ポートL3管理型Ethernetスイッチ

Pensando搭載Aruba CX 10000スイッチシリーズは、Arubaが提供する最高レベルのデータセンターL2/3スイッチと業界初のハードウェア高速化プログラマブルプロセッサー (Pensando® P4) を組み合わせたスイッチのカテゴリです。Aruba CX 10000は、インラインで適切にワイヤーレートのパフォーマンスでステートフルなソフトウェア定義のサービスを提供するとともに、従来のデータセンターL2/3スイッチの数分の1のTCOで拡張性とパフォーマンスを大幅に向上させます。

最新情報

  • 分散型サービススイッチのカテゴリ。
  • Aruba CXにはプログラマブルDPU (Pensando Elba) が内蔵されています。
  • Aruba Fabric Composerによるネットワークおよびセキュリティポリシーの一元化。
  • サードパーティベンダーとのセキュリティエコシステムの統合。
  • 既存のAruba AOS-CXクラウドネイティブスイッチを活用します。

機能

ネットワーク帯域幅とパフォーマンスを向上

Pensando搭載Aruba CX 10000スイッチシリーズは、ネットワーク全体のトラフィックを中央のポリシー適用ポイントとの間で行ったり来たりさせることが現実的ではなくコストがかかる場合に、他にはない組み合わせのパフォーマンスと拡張性で高度なネットワーキングおよびセキュリティサービスを分散させます。

サービスネットワークアクセスレイヤーのエッジで簡単にサービスを活用できます。

セキュリティアプライアンスのスプロール化とコストを抑制

Pensando搭載Aruba CX 10000スイッチシリーズは、ローカルトラフィックを中央のチョークポイントとの間で行ったり来たりさせる必要をなくすことでネットワーク帯域幅を増やし、アプライアンスのスプロール化に伴う複雑性とコストを抑えつつ、セキュリティ対策を強化できるようにします。

Aruba CX 10000は、これらの高度なサービスをデータセンターエッジに分散し、一元的なネットワークとセキュリティの自動化、およびポリシー管理を実現する、魅力的なアーキテクチャーオプションです。

ゼロトラストとマイクロセグメンテーションを拡張

Pensando搭載Aruba CX 10000スイッチシリーズにより、オペレーターは、クリティカルなエンタープライズアプリケーションの近くですべてのポートにわたってインラインで提供される、800Gの分散型のマイクロセグメンテーション、East-Westファイアウォール、暗号化およびテレメトリサービスを利用して、業界標準のリーフスパインネットワークを拡張できます。

専任のSecOpsチームを擁する組織は、特定のセキュリティのロールと責任に基づいてPolicy and Services Manager (PSM) を活用することにより、拡張性とフォールトトレランスを高めることができます。

運用の簡素化

Pensando搭載Aruba CX 10000スイッチシリーズは、スイッチファブリック全体にわたるネットワーク管理とセキュリティ管理の一元化、スイッチとネットワークの構成の自動化、およびセキュリティポリシーの統合とファイアウォールの分散を可能にする、Aruba Fabric Composerと統合されます。

Aruba CX 10000はREST APIで統合され、Advanced Security ML (XDR)、Application Dependency Mapping (ADM)、Network Performance Management (NPM)、SIEM/SOAR、ファイアウォールコンプライアンスルール、IDグループマッピングツールなどのセキュリティおよびネットワークパフォーマンスツールにフローデータを提供します。

  • Pensando®は、米国およびその他の国におけるPensando Systems Inc.の登録商標です。