固定ポートL3管理型Ethernetスイッチ

Aruba CX 6200スイッチシリーズは、大企業のブランチオフィス、キャンパス、およびSMBのネットワークに最適な次世代のスタッカブルアクセススイッチファミリです。完全にプログラム可能なOSとAruba Network Analytics Engineを組み合わせたクラウド中心の設計により、Aruba CX 6200は業界をリードする監視機能とトラブルシューティング機能をアクセスレイヤーにまで拡張します。Aruba NetEditとAruba CXモバイルアプリケーションをサポートしているため、構成に問題ないことを確認して簡単に展開できます。強力なAruba Gen7 ASICのアーキテクチャーでノンブロッキングの高速処理を実現し、将来の予測不可能な需要に対応できるネットワークを構築することが可能です。Aruba Virtual Stacking Framework (VSF) を使用すれば最大8台のスイッチをスタッキングできるため、拡張性が向上して管理が容易になります。このシリーズは、組み込みの高速アップリンクと最大740WのPoEでセキュリティカメラや無線APなどのIoTデバイスをサポートします。

最新情報

  • ACL、安定的なQoS、スタティックルーティングやAccess OSPFルーティングなどの一般的なプロトコルをサポートするエンタープライズクラスの接続。
  • 8メンバーのVSFスタッキングが可能な拡張性。
  • 利便性の高い組み込みの1/10GbEアップリンクと最大740WのClass 4 PoE、およびAruba Network Analytics Engineによるインテリジェントな監視と可視化。
  • Aruba NetEditは、Aruba CX Mobile Appを使用して自動化、構成と検証、ワンタッチでの展開をサポートします。
  • Aruba Dynamic Segmentationは、ユーザーおよびIoTのためにセキュリティの強化とシンプルなアクセスを実現します。

機能

自動化と分析

Aruba CX 6200スイッチシリーズは、リアルタイムの監視とトラブルシューティングを可能にする内蔵型分析機能で卓越した可視性を実現し、迅速な問題の解決をサポートします。Aruba Network Analytics Engine (NAE) は、ネットワークの健全性に影響を与える可能性があるイベントを自動的に検出して分析します。

高度なテレメトリと自動化により、PythonエージェントとREST APIを使用してネットワーク、システム、アプリケーション、およびセキュリティに関連する問題を容易に特定し、それらのトラブルシューティングを行えます。

時系列データベース (TSDB) は構成と運用状態のデータを保存し、ネットワークの問題を迅速に解決するために使用できるようにします。

Aruba NetEditは、自動化によってネットワーク全体の迅速な変更を可能にし、ネットワークアップデート後のポリシーの適合性を確認します。検索、編集、(適合性の確認を含む) 検証、展開、監査などのインテリジェントな機能があります。

Aruba CXモバイルアプリケーションは、Aruba CX 6200スイッチの接続、スタッキング、および管理を簡素化します。スイッチの情報をAruba NetEditにインポートすることで構成管理を簡素化し、ネットワークのあらゆる場所の構成の適合性を絶えず検証できます。

パフォーマンスと電源

Aruba CX 6200スイッチシリーズは、超低レイテンシ、パケットバッファリングの強化、および状況に応じた電力消費を実現する、Aruba Gen7 ASICを搭載した完全分散型のアーキテクチャーを採用しています。どのスイッチ機能とルーティング機能も帯域幅を多く使用するアプリケーションのニーズに有線の速度で対応します。

Aruba Virtual Switching Framework (VSF) により、ハイパフォーマンスなフロントプレーンスタッキングを使用してネットワークを迅速に拡張できます。長距離トランシーバーでさらに長い距離をカバーするスタックを作成できる柔軟性を備えた組み込みのSFP+ポートを使用して8メンバーのスタックを作成することが可能です。

最大740WのIEEE 802.3at Class 4 Power over Ethernet (ポートあたり最大30W) をサポートするAruba CX 6200モデルで無線アクセスポイントとIoTデバイスを展開できます。

よりスマートなセグメンテーション

Aruba CX 6200スイッチシリーズは、Arubaの有線/無線インフラストラクチャ上でユーザー、デバイス、およびアプリケーション対応型ポリシーを自動的に適用するAruba Dynamic Segmentationをサポートしています。

自動化デバイスプロファイリング、ロールベースのアクセス管理、レイヤー7の各機能により可視性とパフォーマンスが向上し、IT部門とエンドユーザー両方の全体的なエクスペリエンスが改善されます。