固定ポートL3管理型Ethernetスイッチ

Aruba CX 6100スイッチシリーズは、ブランチオフィス、中堅企業、およびSMBのネットワークに最適なエントリーレベルの最新のアクセススイッチファミリです。信頼性が高く、シンプルかつセキュアなアクセスを実現するように設計されたAruba CX 6100スイッチは、IoT、モバイル、クラウドアプリケーションをサポートするエンタープライズネットワーク向けの便利な有線アクセスソリューションとしてご利用いただけます。Aruba CXポートフォリオ全体で使用される強力なAruba ASICアーキテクチャーとプログラム可能なAOS-CXオペレーティングシステムで、より一貫性のある効率的な操作性を実現し、将来の予測不可能なニーズにネットワークが対応できるようにします。このレイヤー2スイッチシリーズは、利便性の高い組み込みの高速アップリンクと最大370WのIEEE 802.3atクラス4 PoEでセキュリティカメラや無線APなどのIoTデバイスをサポートします。コンパクトでファンレス設計の12ポートモデルは、静音動作を求めるワークスペースでの使用に最適です。強力なQoS、静的ルーティングおよびIPv6をサポートするAruba CX 6100は、スイッチソフトウェアライセンスが不要なため所有者の負担も軽減します。

最新情報

  • エントリーレベルで信頼性と利便性に優れた有線接続を提供する次世代レイヤー2スイッチシリーズにより、IT運用を簡素化します。
  • 利便性の高い内蔵の1/10GbEアップリンクと最大370Wのクラス4 PoEをサポートする12、24、48ポートの1Uモデルに適正なサイズ。
  • コンパクトでファンレスの12ポートPoEモデルによる静音展開。
  • Aruba NetEdit、使いやすいWeb GUI、または業界標準のCLIを使用して、設定を管理および簡素化する柔軟性。
  • REST APIでソフトウェア デファインドネットワークに対応します。
  • 静的ルーティングをサポートし、スイッチのソフトウェアライセンスを必要としないレイヤー2機能セット。

機能

エントリーレベルのAruba CXアクセスレイヤースイッチ

Aruba CX 6100スイッチシリーズは、高速アップリンクとオプションのPoEでギガビットの接続性を提供し、企業のブランチオフィスおよびSMBのネットワークにおいて、エントリーレベルで信頼性と利便性に優れた有線接続を可能にします。

Aruba AOS-CXオペレーティングシステムをAruba CXスイッチングプラットフォームと導入ドメインにわたって使用することで、よりシンプルで一貫した操作性が実現します。

完全管理型のエンタープライズクラスのスイッチには、静的ルーティング、ACL、強力なQoS、トラフィック優先順位付け、sFlow、IPv6をサポートするレイヤー2機能が搭載されています。

利便性の高い内蔵の1/10GbEアップリンクと最大370Wのクラス4 PoEをサポートする12、24、48ポートの1Uモデルから選択し、適正規模で展開できます。

スイッチのソフトウェアライセンスやサブスクリプションが不要なため、所有者の負担が軽減します。

パフォーマンスと電源

Aruba CX 6100スイッチシリーズは、超低レイテンシ、パケットバッファリングの強化、および状況に応じた電力消費を実現する、Aruba ASICを搭載した設計となっています。

最大370WのIEEE 802.3at Class 4 Power over Ethernet (ポートあたり最大30W) をサポートするAruba CX 6100スイッチモデルで無線アクセスポイントとIoTデバイスを展開できます。

4つの内蔵型ワイヤースピード1/10GbEアップリンクにより、ユーザーとデバイスが接続するアクセスレイヤーでのボトルネックが解消されます。

シンプルな構成と管理

Aruba CX 6100スイッチシリーズは、Aruba NetEdit、使いやすいWeb GUI、または業界標準CLIを使用して、設定を柔軟に管理および簡素化できます。

Aruba NetEditは、自動化によってネットワーク全体の迅速な変更を可能にし、ネットワークアップデート後のポリシーへの準拠を確実なものとします。

REST APIでソフトウェア デファインドネットワークに対応し、ネットワークタスクのきめ細かいプログラマビリティを可能にします。

初期展開や進行中の構成変更に関する手動のIT運用タスクを削減し、ローカルユーザーロールとローカルMAC認証 (LMA) を使用するカラーレスポートで追加、移動、変更に対応します。