固定ポートL3管理型Ethernetスイッチ

HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズは、中規模および大規模のエンタープライズキャンパスネットワークのアクセスレイヤーにおける拡張性と可用性の向上およびTCOの低減を実現します。このシリーズは、エンタープライズクラスのQoSとセキュリティ、HPE Intelligent Resilient Fabric (IRF) スタッキング、静的レイヤー3ルーティングとRIP、利便性の高い固定10GbEアップリンクポート、PoE+、ACL、およびIPv6をサポートし、Energy Efficient Ethernetでエネルギーを節約できます。

また、HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズには、管理と運用を一元化するために小規模および中規模ネットワークで追加費用なしで利用できる、組み込み型のネットワーク管理ツールであるSmart Management Center (SmartMC) も付属しています。このシリーズは、単一のビューでネットワーク全体を可視化するHPE Aruba Networking IMCで管理することもできます。

最新情報

  • 静的レイヤー3ルーティング、RIP、高密度10GbEアップリンク、および音声、動画、無線対応のPoE+モデルをサポートするGigabit Ethernetアクセススイッチ。
  • 複数デバイスにわたるプラグアンドプレイのデバイスアグリゲーションとリンクアグリゲーションを実現してネットワーク冗長性とリソース稼働率を向上させる、IRFテクノロジーをサポートしています。
  • Smart Management Center (SmartMC) のネットワーク管理機能が組み込まれています。
  • アイドル状態のポートを自動的に省エネルギーモードに切り替えたり、使用されていないポートを自動的にオフにしたりする、省エネルギー型のグリーン設計機能が搭載されています。

機能

拡張性と高可用性

HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズは、HPE Intelligent Resilient Fabric (IRF) テクノロジーにより、ネットワークの拡張性と信頼性を向上させます。IRFスタッキングにより、2台以上のスイッチが単一のL2スイッチおよびL3ルーターとして動作する、耐障害性に優れた仮想スイッチングファブリックを実現できます。

HPE IRFスタッキングを導入すれば、中断のないL2スイッチングとL3転送によりパフォーマンスと信頼性が向上し、よりシンプルでフラット、しかもアジャイルなネットワークにが実現して運用が簡素化されます。

4個の固定アップリンク (SFP、SFP+、および10GBASE-T) が、帯域幅を多用するアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

リンク冗長性とスパニングツリー/MSTP、RSTP、スマートリンクなどのプロトコルのサポートにより、高可用性を実現します。

包括的なセキュリティ制御

HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズは、802.1XやMAC認証などの多様な認証手法をサポートしているため、セキュリティおよびポリシー主導のアプリケーション認証を強化できます。ユーザー単位のアクセス制御リスト (ACL) により、ID主導のセキュリティおよびアクセス制御を実現できます。

ACLは、グローバルACL、VLAN ACL、ポートACL、およびIPv6 ACLをサポートすると同時にIPレイヤー2からレイヤー4へのトラフィックをフィルター処理します。

動的なARP保護と不正なホストからのブロードキャストをブロックするARP検出やARPパケット妥当性確認などの機能により、ネットワークデータのイーブスドロップや盗難を防ぎます。

セキュリティポリシー、ネットワークアクセス制御、およびアクセス権制御ポリシーを統合して協調的なセキュリティシステムを形成するHPE Aruba Networking IMC End User Admission Domination (EAD) により、セキュリティポリシー管理とネットワーク保護が一元化されます。

SSHv2、SSL、および/またはSNMPv3によるアクセス方式 (CLI、GUI、またはMIB) の暗号化とDHCP保護、IPソース保護、RADIUS/HWTACASなどのその他の機能によってセキュリティを強化できます。

シンプルな管理

HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズは、包括的な構成、コンプライアンス、およびポリシー管理機能によりネットワークをエンドツーエンドに可視化して一貫性のあるネットワークエクスペリエンスを実現する、HPE Aruba Networking IMCソフトウェアを使用してシームレスに管理できます。

WebベースのGUIで運用を簡素化して一元管理を実現する組み込み型のネットワーク管理ツールである、SmartMCをサポートしています。構成バックアップ、ソフトウェアバージョン管理、シームレスなスイッチ交換などの機能を提供します。

RMONとsFlowにより、統計情報、履歴、アラーム、およびイベントの高度な監視機能とレポート機能が提供されます。

サービス品質の向上

HPE Networking Comwareスイッチ5140 EIシリーズは、レイヤー2とレイヤー3の情報に基づく複数のマッチング基準を使用してトラフィックをグループ化する、高度な分類子ベースのQoSをサポートするとともに、ポート、VLAN、またはスイッチ全体で選択したトラフィックに優先度レベルやレート制限などのQoSポリシーを適用します。

サポートされる次の輻輳操作によりトラフィック優先順位付けを可能にします: Strict Priorityキューイング(SP)、重み付きラウンドロビン(WRR)、重み付きランダム初期検知(WRED)、Committed Access Rate(CAR)およびラインレートを備えたSP+WRRとトラフィックポリシー。

ブロードキャストの制御とブロードキャストトラフィックレートの制限によって望ましくないネットワークブロードキャストトラフィックを減らすことにより、望ましくないネットワークトラフィックを削減できます。