HPE Aruba Networking Centralは、キャンパス、ブランチオフィス、データセンター、リモートワーカーの拠点をまたがって無線、有線、WANのインフラストラクチャの管理を統合する、強力なクラウドベースのネットワーキングソリューションです。AI主導の分析機能とインテリジェントなアラートを内蔵しており、ネットワークパフォーマンスのプロアクティブな監視、トラブルシューティング、改善に必要な実行可能で有益な情報を提供します。

このソリューションはエンタープライズグレードの拡張性と耐障害性を備え、高度なセキュリティと脅威管理機能を提供し、クラウド、オンプレミス、およびas a serviceのモデルによる柔軟性のある展開オプションが用意されているため、IT担当者が限られている大企業にも最適なソリューションです。ネットワーク全体のリアルタイムの健全性の概要を表示する直感的なダッシュボードは、あらゆる場所からアクセス可能で、モバイルアプリケーションを使用して出張先でもアクセスできます。1拠点でも数百拠点でも、このソリューションlを使用すればネットワーク管理は大幅に簡素化されます。詳細は、こちらを参照。

最新情報

  • 多層型のサブスクリプションライセンスにより、お客様はネットワークサービスの購入と利用に関して、数多くのオプションの中から最適なものを柔軟に選択できます。
  • 定期的な変更を迅速に行うためのGUIオプションや、より複雑な変更を大規模に実行するマルチエディターなどの、CXスイッチ向けの高度な構成機能。
  • CXスイッチの詳細情報や、診断情報の自動収集、管理者へのアラート、問題発生時のサポートケースの生成ができるAI Assist機能などの、AIOpsの機能向上。
  • クラウドのようなITのエクスペリエンスでアジリティと効率を向上させると同時に厳格なセキュリティやコンプライアンスのニーズへの対応をサポートする、オンプレミスの展開モデルとなっています。
  • 強化されたデータプレーンのトラブルシューティング、WANヘルスダッシュボード、アプリケーションの可視性の向上をはじめとするSD-WANの機能強化。
  • SD-WANゲートウェイとインスタントアクセスポイントからテレメトリをプルして接続されているすべてのクライアントのプロファイルを作成する機能をはじめとする、HPE Aruba Networking Central ClearPass Device Insightとの統合が強化されています。

機能

有線、無線、およびSD-WANインフラストラクチャ向けのAIOps

AI Insightは、ネットワーク全体の稼働状況に関する実用的なインテリジェンスを提供することにより、トラブルシューティングを簡素化して全体的なパフォーマンスを向上させます。

クラウドでホストされる共通のデータレイクを活用してピア比較を行い、共通する問題の解決をクラウドソーシングできます。

AI Searchは、より高度な問題検出機能を提供し、コンテキストベースのトラブルシューティングと問題を迅速に修正するためのガイド付き修正プロセスにより、デイ0 (導入前) ~ デイ2 (導入2日目) の操作を簡素化します。

AI Assistは、機械学習を使用して最も重要な部分にサポートサービスを提供し、検索クエリを実行したり、診断情報を自動収集したり、必要に応じてTACサービスリクエストをプロアクティブに開始したりできます。

Wi-FiおよびBLE分析機能を追加することにより、企業は接触者追跡と位置追跡を行ってCOVID-19への対応を支援できます。

企業の拡張性と耐障害性

HPE Aruba Networking Centralは、エンタープライズキャンパス、ブランチ、およびリモートネットワークの拡張性と耐障害性を向上させ、単一インスタンスで数万台のデバイスをサポートします。

AirMatch、ライブアップグレード、クラスタリングなどの高度なAOS機能により、パフォーマンスと信頼性を向上させることができます。

新しいクラウド接続機能を含むSD-WANにより、WANのパフォーマンスが向上してブランチの構成が簡素化され、AWSおよびAzureゲートウェイへのシームレスな接続が可能になります。

HPE Aruba Networking Threat DefenseによってIPS/IDSを、またZscalerやPalo Altoとの統合によって高度なWebセキュリティ機能を実現できます。

HPE Aruba Networkingのマイクロブランチ、RAP、およびSD-WAN向けの軽量の機能を使用することにより、在宅勤務、テレワーカー、およびリモートコールセンターの展開もサポートされます。

シンプルな展開とライフサイクル管理

HPE Aruba Networking Centralは、共通の構成と展開フレームワークでゼロタッチプロビジョニングを実現します。

ArubaOS-SスイッチとともにHPE Aruba Networking CXスイッチを管理し、既存のモビリティコントローラーとキャンパスAPを変換して投資を保護できます。

モバイルインストーラーアプリケーションは、アクセスポイント、スイッチ、またはゲートウェイのプロビジョニングに使用でき、システムインテグレーターやサードパーティの請負業者に最適です。

APIゲートウェイを通じて提供されるREST APIには、セキュリティを強化したOAuthアクセス機能とレート制限機能が含まれています。

個々のアプリケーション、アプリケーションカテゴリ、Webカテゴリ、およびWebレピュテーションに基づいてトラフィックを表示したり、分析したり、トラフィックのポリシーを適用したりできます。

独自の方法を展開し管理する

HPE Aruba Networking Centralは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS)、オンプレミス仮想プライベートクラウドおよびマネージドサービス モデルを通じて利用でき、テクニカル、スタッフ、財務の多様な要件を満たすために必要な選択肢を柔軟にお客様に提供できます。

一元的な管理でネットワーク運用を統一することにより、HPE Aruba Networking Central On-Premisesは、規制およびコンプライアンス要件を満足しながら、ITのアジリティと効率を向上することが必要な組織にクラウドと同様の管理エクスペリエンスをもたらします。

HPE Aruba Networking Central SaaSは、自組織の環境内で管理するArubaアクセスポイント、スイッチ、ゲートウェイのデバイス単位のライセンス方式を採用しています。サブスクリプションライセンスは、FoundationおよびAdvancedの2階層で、1年、3年、5年、7年、10年の期間で利用できます。

  • HPE Aruba Networking Central Switch Class-5 Advanced 3-year Subscription SaaS