仮想Ethernetソフトウェア

ソフトウェア定義ネットワークは、データセンターネットワークのクラウドの真の力で満ちあふれています。 HPE Virtualized Network Services (VNS) は、お客様の変わり続けるビジネス環境に適応できるだけの柔軟性を活用して新しい広域ネットワークサービスを提供することにより、ビジネス継続性にも同じ利益をもたらします。 従来のVPNサービスは、企業ごとにカスタマイズされ、改良の余地がほとんどない状態でデプロイされた一連の機能に基づいていました。 HPE VNSを使用すると、ブランチネットワーキングをカスタマイズして、ネットワーク機能がお客様の特定のビジネスニーズにも合致させられるようになります。

最新情報

  • ブランチのお客様を対象としたポリシーの一元管理および自動化は、運用コストを低減すると同時に、迅速なサイトのターンアップを可能にする機器を前提としています。
  • ネットワークサービスの制御を一元管理します。
  • 使用可能なすべてのWANリンクにステアリングされたインテリジェントなトラフィック。
  • 情報セキュリティを大教することなく、運用/監査を簡素化します。
  • オープンCPEアーキテクチャー (x86) により、CPEデバイスの柔軟性が高まります。

機能

柔軟性と制御の強化

HPE Virtualized Network Services (VNS) により、高スキルを持つチームにオーバーヘッドをかけることなく、企業のサービスを完全に制御できます。 セルフサービスポータルを使用することにより、全体的なサービスの適用や場所の変更を実施できます。

地域、国、全世界など場所のニーズに合わせて、あらゆるプロバイダーからIPサービスを選択します 。 たとえば、プレミアムプライベートクラウドサービスは、ミッションクリティカルなアプリケーションや、高ボリュームだけれどもミッションクリティカルではないアプリケーションにおいて暗号化されたインターネットリンクに使用できます。

優れた効率性とコスト削減

HPE Virtual Networking Services (VNS) は、カスタマイズされたことにより発生するネットワークのコストと複雑性を負担することなく、企業独自のニーズに合わせたカスタマイズおよび対応を実施するネットワーク構築をサポートします。

VNSは、幅広いx86ベースのプラットフォーム上で実行されるよう開発されており、利用可能なコンピューティングやメモリリソースの使用率向上を高めます。 このサービスは、顧客がデプロイしている機器のブランドとは無関係であるため、サプライチェーンでの完全な柔軟性を実現します。