Arista EOS (Extensible Operating System) は、エンタープライズデータセンターやクラウドネットワーク向けAristaクラウドネットワーキングソリューションの中核となる、完全にプログラム可能なモジュール設計のLinuxベースネットワークオペレーティングシステムです。EOSでは、プログラミング機能を利用して、ワークフローの自動化、高可用性、ネットワークの圧倒的な可視性と分析、および分析を可能にするソフトウェアアプリケーションを作成することができ、幅広いサードパーティアプリケーションとの迅速な統合によって、仮想化、管理、自動化、およびオーケストレーションのサービスを実現できます。

機能

クラウドスケールアーキテクチャー

100~100,000以上のコンピューティングノード/ストレージノードに拡張できます。ネットワーク全体のソフトウェアインフラストラクチャにSysDBパブリッシュ/サブスクライブ状態共有基盤をベースとする耐障害性オペレーティングシステムを採用し、NetDBへと進化させることで、ネットワークの状態の一元化とストリーミングを可能にし、可視性を向上させます。

Arista EaaS (EOS-as-a-Subscription) サービスによる、初期費用や運用費用の予算に合わせて調整できる柔軟な利用モデルを提供

オープンかつプログラミング可能

Arista EOSの豊富なプログラムオプションを使って、ネットワークを制御できます。使いやすい構造型の豊富なAPI: eAPI JSONベースRPCなど (ネイティブCLIコマンドを使用した、RESTに似たインターフェイスを提供)。Puppet、Chef、およびAnsibleとの密接な統合が可能です。

CloudVisionでは、ポータルを使用してネットワークタスクのワークフローが自動化されます。

高可用性

Arista SSU (Smart System Upgrade) により、メンテナンス時間が短縮されます。個々のプロセスのパッチ適用とアップグレードは、スイッチの通常運用時にEOSの内部で実行されます。サードパーティの統合により、カスタム構成の監視、フェイルオーバー、負荷分散に対応します。

ゼロタッチのプロビジョニングと交換の機能により、スイッチを簡単にプロビジョニングできます。

可視性の向上

アプリケーションパフォーマンスの可視性の向上とネットワーク全体の監視機能によって、業界標準やお客様固有のソリューションに対応します。

Arista DANZ (Data Analyzer)、LANZ (Latency Analyzer)、MapReduce Tracer、Path Tracer、Health Tracer、Container Tracer、およびsFlow監視により、タップアグリゲーションが簡素化されました。

Arista EcoSystemのVMware、OpenStack, Palo Alto Networks、Microsoftなどの統合。