モジュール式Ethernetルーター

HP MSR4000ルーターシリーズは、HP FlexNetworkアーキテクチャーに基づくHP FlexBranchソリューションのコンポーネントとして機能する、HPの次世代型ルーターです。 このモジュール型ルーターは、大規模なブランチオフィス、本社、キャンパスに適したアプリケーションサービスを提供する機能を備えています。 シンプルな構成、導入、管理が可能なため、IT担当者の手間が軽減されます。 MSR4000ルーターシリーズでは、データプレーンと制御プレーンが分離されています。また、デュアルMPU(Main Processing Unit)を備え、最大4個の電源をサポートするなど、高いパフォーマンスと信頼性を実現します。最新のマルチコアCPUを備える、フル機能で耐障害性の高いプラットフォームとして機能し、10 Gigabitスイッチングに対応します。拡張されたPCIバス、最新バージョンのHP Comware ソフトウェアを搭載しているので、同時に複数のサービスを実行した場合でも高パフォーマンスが確保されます。 MSR400ルーターシリーズは、最大20Mppsの転送容量、8GbpsのIPsec VPN暗号化スループットを実現し、IPv6やMPLSなどののフル機能を備える耐障害性の高いプラットフォームです。 このシリーズのルーターは、HP Open Application Platform(OAP)モジュールをサポートしており、HP AllianceOneパートナーによる業界をリードするアプリケーション(仮想化、UC&C、アプリケーション最適化機能など)を統合することが可能です。MSR4000ルーターシリーズは、使いやすい管理プラットフォームから一元的にサービスを提供し、絶えず変化するビジネス要件に素早く適応できるようにする、俊敏性・柔軟性の高いネットワークインフラとして機能します。

機能

パフォーマンス

優れた転送パフォーマンス: 最大20Mpps(13.4Gbps)の転送パフォーマンスを実現。企業に必要とされる帯域集約型アプリケーションに対応

強力なセキュリティ機能: 暗号化アクセラレーターをハードウェアに内蔵しており、暗号化のパフォーマンスが向上。IPSec暗号化機能は、最大8,000個のIPSec VPNトンネルに対応し、最大8Gbpsのスループットを実現可能

製品アーキテクチャー

理想的なマルチサービスプラットフォーム: WANルーター、Ethernetスイッチ、ファイアウォール、VPN、SIP/音声ゲートウェイの機能を1つのデバイスで提供

高度なハードウェアアーキテクチャー: マルチコアプロセッサー、ギガビットスイッチング、PCIEバス、デュアルMPU、4個の内蔵電源(N+1構成)、内蔵/外付けのCFカードを搭載。高パフォーマンスなMIMモジュール(HMIM)をサポート

新バージョンのオペレーティングシステム: このスイッチには、最新のComware v7オペレーティングシステムが搭載されており、最新の仮想化機能とルーティング機能を使用することが可能

Open Application Platformアーキテクチャー: アプリケーションやサービスを非常に柔軟に構成可能。複数のデバイスの機能を備えているので、購入コストや運用コストを抑え、既存の投資を保護することが可能

データプレーンと制御プレーンが分離された分散型アーキテクチャー: 高度な耐障害性を備えており、制御プレーンで計画外、計画内のイベントが発生した場合でも、サービス中断のない、継続的運用が可能。Service Processing Unit(SPU)がデータ転送、暗号化/復号、データパケットの分析/フィルタリングを実行。Main Processing Unit(MPU)がルート計算、転送テーブルのメンテナンス、SPUの構成とモニタリングを実行

接続性

強力なアグリゲーション機能: 10GbE LANを内蔵、最大64個のE1ポートまたは最大8個のE3/T3ポートをサポート

高密度なポート接続: 最大8個のインターフェイスモジュールスロット、および最大4個のオンボードGigabit Ethernetポートおよび1個の10GbEポート

複数のWANインターフェイス: 従来型リンク(E1、T1、Serial、ISDNに対応)、 WAN Fast EthernetおよびGigabit Ethernetによる高密度なEthernetアクセス、高速な E3/T3接続、155MbpsのOC3アクセスオプション

パケットストームからの保護: ユーザー定義のしきい値を設定することにより、ブロードキャスト、マルチキャスト、またはユニキャストのストームから保護

ループバック: メンテナンスおよび可用性向上のための内部ループバックテスト機能をサポート。ループバック検出は、ポートやVLANに対して柔軟に実行でき、配線やネットワーク設定の誤りを検出

レイヤー2スイッチング

Spanning Tree Protocol(STP): 標準のIEEE 802.1D SPT、さらに高速なコンバージェンスを可能にするIEEE 802.1w Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)、およびIEEE 802.1s Multiple Spanning Tree Protocol(MSTP)をサポート

Internet Group Management Protocol(IGMP)およびMulticast Listener Discovery(MLD)プロトコルスヌーピング: レイヤー2ネットワークで、マルチキャストパケットのフラッディングを制御および管理

ポートミラーリング: ローカル/リモートのモニタリングポートに、入力/出力ポートのトラフィックを複製

VLAN: 最大4,094個のVLANまたはIEEE 802.1QベースのVLANをサポート

sFlow: トラフィックのサンプリングが可能