Intelligent Management Software

有線/無線ネットワークを一元管理するHPE IMC Wireless Services Managerソフトウェアは、 Intelligent Management Center (IMC) ソフトウェアのプラットフォームと連携し、既存の有線ネットワーク管理システムにWLANのデバイス構成、パフォーマンス監視、無線周波数のヒートマッピング、WLANサービスのレポートといったネットワーク管理機能を追加します。 このソフトウェアを活用すれば、地理的に分散しているものも含め、無線ネットワークを一元的に管理することが可能です。

最新情報

  • Hewlett Packard Enterprise Arubaデバイス向けのサポートを提供します。
  • マップおよび部品表(BOM)ソフトウェアで必要なインベントリを識別します。
  • Wireless Intrusion Detection (WIDS) を使用して、ネットワークの迷惑ユーザーを検出します。
  • CADマップをインポートして、ネットワークのレイアウトを理解します。
  • Ciscoデバイスサポートの次の段階を活用します。

機能

多機能のワイヤレス管理により、より効率的なネットワーク管理を実現

HPE IMC Wireless Services Managerソフトウェアでは、Hewlett Packard Enterprise Aruba、Cisco社などのデバイスで構成される、マルチベンダーの無線環境を管理できます。

基本的なパフォーマンス監視機能と詳細なパフォーマンス監視機能により、オンラインでFATアクセスポイント (AP)、FIT AP、およびクライアントを監視できます。

手順に従ってWLANネットワークを構成できるため、ネットワークの管理が格段に容易になり、作業時間も短縮されます。

ユーザー定義のルールで設定したシステムログのエントリに基づいて、ネットワークの障害を管理者に即座に警告する、無線サービスのアラームを常に確認できます。

より効率的なネットワーク意思決定を支援する組織化されたデータおよびレポート

HPE IMC Wireless Services Managerソフトウェアは、各種レポート機能により、パフォーマンスに関するデータをわかりやすいグラフや図で表示します。

クライアントとアクセスポイント (AP) の位置を示す強力なトポロジ管理機能により、ネットワーク全体を把握できます。

ネットワーク管理者は、リアルタイムのクライアント監視情報により、許可されたデバイスから不正なクライアントまで、すべてのユーザーのアクセスを把握できます。

Wireless Intrusion Detection System (WIDS) で無線ワークに対する不正なアクセスを検出し、適切なユーザーだけがネットワークにアクセスできるようにすることが可能です。

優れた対応範囲と優れたユーザーエクスペリエンスを実現するより効率的なネットワーク

HPE IMC Wireless Services Managerソフトウェアにより、ネットワーク管理者は無線周波数 (RF) とネットワーク計画の管理機能を使用して、ネットワークを最適化できます。

無線周波数管理機能により、伝送速度の向上を妨げる可能性がある、コンクリートの壁やドアなどの障害物を把握できます。

ネットワーク計画管理機能により、ネットワーク管理者が購入に先立って特定の場所でカバレッジを分析してからAPモデルを選択し、APの配備を計画できるため安心です。

スイッチのPoEポートに接続されているAPを自動的に検出し、PoEポートをリモートから管理できます。

Hewlett Packard Enterprise Arubaデバイスとの内部統合

HPE IMC Wireless Services Managerソフトウェアは、AirWaveからアラートやイベントを受信して表示します。

AirWaveは、IMCのトポロジマップでAirWaveが管理するデバイスをダブルクリックすると起動します。