HPE IMC User Access Management (UAM) ソフトウェアは、Intelligent Management Center (IMC) のモジュールであり、有線、無線、およびリモートネットワークユーザーの管理のため、ルーター、スイッチ、およびサーバーなどのインフラストラクチャリソースに関連付けられたアクセスポリシーに基づき、ユーザーID認証をサポートします。 IMC User Access Managementソフトウェアソリューションは、ネットワークサービスに接続して使用するエンドポイントの一元化されたサポート、認証、および課金管理を行い、特定のユーザーに対する適切な権限を確認します。

最新情報

  • 必要な管理オーバーヘッドが最小限で済む自己登録での使いやすいMACベースの認証で、BYODプログラムのためのネットワークを最適化。
  • eAPIでの200を超える外部アプリケーションのサポート。
  • 複数の方法で新規ユーザーを追加するオプションを備えた、集中的なユーザー監視。
  • ユーザー、グループ、およびアクセスポリシーを管理するための一元的な認証。
  • OS、ベンダー、IPアドレスなどでデバイスを簡単に識別。

機能

デバイスとネットワーククライアントの両方に対応する多角的なユーザーアクセス管理

HPE IMC User Access Managementソフトウェアは、Remote Authentication Dial-in User Service (RADIUS) サーバーとして、エンドユーザーおよびデバイスのネットワークへのアクセスを管理するための認証、認可、課金機能を提供します。

オンボーディング、プロビジョニング、および監視によってBYOD (個人所有デバイスの業務利用) の管理を簡素化することで、ユーザー管理と実装を迅速化します。

疑わしいアクティビティをチェックするHPE iNodeクライアント認証ソフトウェアとポータルによる認証が可能です。

バッチモード、QRコードによるゲストの登録、承認、認証など、きめ細かいユーザーインポートおよびエクスポート機能により、ユーザーの追加が簡単に行えます。

操作性に優れたトラブルシューティングツールで問題を管理して、ネットワークおよび認証プロセスにアクセスを試みるユーザーを追跡します。

オンボード化、プロビジョニング、モニタリングを備えている簡素化されたBYOD管理

HPE IMC User Access Management (UAM) ソフトウェアでは、ユーザーの自己登録による自動オンボーディングを提供して、BYODの管理を簡素化します。

自己登録による操作性に優れたMACベースの認証により、管理オーバーヘッドを最小限にします。

アクセスシナリオに基づいた、カスタマイズ可能なスマートデバイス向けポータルページが、パーソナライズされた独自のクライアントエクスペリエンスを実現します。

デバイスの指紋認証テクノロジーを活用して、さまざまなエンドポイントデバイスのベンダー、種類、およびオペレーティングシステムを特定します。

IMC UAMソフトウェアは、マルチベンダーで統合された有線/無線ポリシーの適用を実現して、一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供します。また、Tipping Point IPSと統合して、Tipping Pointが監視および警告する脅威を隔離します。