Intelligent Management Software

HPE IMC Endpoint Admission Defense (EAD) ソフトウェアは、セキュリティポリシー管理とエンドポイントポスチャー評価を統合し、リスクをネットワーク内で特定して隔離することで、ネットワークの脅威を軽減します。 IMC EADソフトウェアは、ウイルス、異常なトラフィックを検出する、あるいは機密性の高いソフトウェアを実行することにより、悪意あるコードに感染するリスクを削減し、他のセキュリティ侵害も防ぎます。 さらに、IMC EADソフトウェアは、コンピューターの周辺機器を制御することにより、機密性の高いデータも保護します。

最新情報

  • 疑わしい受信トラフィックを自動的にブロック。
  • コンピュータ周辺機器の制御を介した機密性の高いデータの保護。
  • ネットワークターミナルの感染リスクを軽減。
  • 統合されたセキュリティポリシー管理とエンドポイントポスチャー評価。
  • インベントリおよびアカウンティングのより優れた制御を可能にするレポート機能。

機能

ユーザー管理とデバイスの管理との統合によるセキュリティ制御

HPE IMC Endpoint Admission Defense (EAD) ソフトウェアは、ネットワーク管理者がセキュリティポリシーを管理し、ネットワーク侵害を削減するのを支援します。

管理者に共有データに基づくセキュリティポリシーを設定する機能を提供し、情報共有と共同作業のための論理ワークグループの作成が可能になります。

ネットワーク管理者はIMC EADソフトウェアを使用して、ネットワークデバイスについてより情報の多い充実したレポートを作成することができます。

IMC EADソフトウェアは、モバイルのエンドポイント管理とコンプライアンスのために、主要なエンタープライズモビリティ管理ベンダーと統合して機能します。

完全なセキュリティ評価で、効率的にネットワークの脆弱性を軽減

HPE IMC Endpoint Admission Defense (EAD) ソフトウェアは、エンドポイントコンプライアンスを定義済みポリシーに決めておくことで、ネットワークの脆弱性を削減します。

すべてのノードにわたりエンドツーエンドの仮想化機能を提供し、システム全体にセキュリティポリシーを送信することが可能です。

ネットワーク管理者は、Symantec、McAfee、Trend Microのツールに加えて、Microsoft Systems Management Serverのようなパッチ管理ソフトウェアへの統合を活用できます。

内蔵のデスクトップ資産管理による、優れたネットワークデバイスアウェアネス

HPE IMC (IMC) Endpoint Admission Defense (EAD) ソフトウェアは、ネットワーク上に何が存在しているのかを理解するために、エンドポイントの完全なインベントリを提供します。

IMC EADソフトウェアにより、ネットワーク管理者は、コンピュータの周辺機器を制御することが可能になり、データ盗難などの犯罪を防止できます。

ネットワーク管理者は、レポートを生成したりクエリを実行したりするために、ソフトウェアインベントリのより綿密な制御が可能です。