Intelligent Management Software

HPE IMC IPSec/VPN Manager (IVM) ソフトウェアは、IPSec VPNのセットアップとトラフィックを管理します。 これにより総合的なVPNソリューションが実現し、IPSec VPNネットワークの構築と、グラフィカルなVPNトポロジによるパフォーマンスの効果的な監視と運用がリアルタイムで可能になり、VPNの問題を迅速にトラブルシューティングします。 IVM IMCソフトウェアは、使いやすいウィザードでIPSec VPNの配備を円滑に行い、大規模な配備全体での一貫性を促進します。 また、エラーを削減し、配備を促進するために、一貫した方法でVPN構成を行うことによって動的なVPNを配備することも重要です。

最新情報

  • VPNセットアップと管理時間の削減。
  • VPNパフォーマンスの監視。
  • 包括的なDVPNの配備と管理。

機能

VPNを簡単に配備

HPE IMC IPSec/VPN Manager (IVM) ソフトウェアが提供する自動検出機能と作成ウィザードにより、IPSec VPNの作成および管理作業を削減できます。 このウィザードを使用すると、管理者は最も複雑なVPNネットワークであっても簡単かつ迅速に配備できるようになるため、構成の負荷とメンテナンスコストが低減されます。

IMC IVMソフトウェアは、DVPN構成ルールを複数のルーターに同時に配備できるようにすることで、動的VPN (DVPN) のセットアップを高速化します。 ルーターで既存のDVPN構成を自動検出することもでき、その検出結果に基づいてDVPNドメインを作成できます。

動的なVPNの管理を簡素化

HPE IMC IPSec/VPN Manager (IVM) ソフトウェアは包括的な監査機能を提供するため、ルーターの設定とIVMでの設定との整合性を判断することができます。 また、特定のDVPNトンネルが接続されているかどうかを判断するため、DVPNトンネルを監査することもできます。

使用可能な履歴およびリアルタイムのステータス監視とアラート送信を通じて、IMC IVMソフトウェアでVPNのパフォーマンスを決定できます。 機器の障害やデータパケット損失が発生した領域をすばやく特定できます。

IMC IVMソフトウェアでは、自動的に検出されたVPNの配備を、トポロジビューで表示することができます。 管理者は、VPN配備の表示、デバイスまたはトンネルのパフォーマンス測定値の確認、トポロジから構成への迅速なアクセスが可能です。