オブジェクトストレージ

データの増加に合わせた最適なデータストレージの経済性を維持できる、ペタバイト規模のストレージを必要としていますか。 HPE Scalable Object Storage with Scality RINGはソフトウェア・デファインド型のストレージプラットフォームで、今日のペタバイト規模のストレージニーズに対するコストを低減するだけではなく、将来的なデータの増加にも対応するように設計されています。 このソリューションは、組織がデータ可用性および耐用性の面で妥協することなく、より少ない物理スペースでペタバイトあるいはそれ以上の規模にまでストレージをシームレスに拡張できるよう、高密度のプラットフォーム上に構築されます。 Scalable Object Storageは、増大するデータストレージのニーズに応じて拡張できる持続可能なプラットフォームを使用して、すべてのデータタイプへのオンラインアクセスを保持し、価値を産み出すための時間を劇的に削減し、長期にわたって最大のROIをもたらします。 HPE Scalable Object Storageでは、新たなレベルの拡張性、信頼性、および柔軟性のすべてを最適なデータストレージの経済性で、ペタバイト規模のストレージを実現できます。

最新情報

  • Scality RINGコンプライアンスシングル/デュアルHAコネクター、コンプライアンス/WORMアプリケーション
  • Scality RINGテストコンプライアンスコネクター
  • Scality RINGコンプライアンスインストール/構成パッケージ
  • Scality RING、シングル/デュアルコンプライアンスコネクター用24x7メンテナンス(バグ修正、無償アップグレードを含む)

機能

少ない設置面積で無限の拡張

HPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、単一のネームスペース内で最大1兆個以上のオブジェクトに拡張できるように設計されています。 プラットフォームのアクセスおよびストレージ階層は、個別に数千台のノードに拡張可能であり、レイテンシを増加することなくそのすべてに直接および同時アクセスが可能です。

HPE Apollo 4200および4510は、HPE Scalable Object Storage with Scality RINGの基盤となるものです。標準的な奥行きのラック内で、使いなれた2Uフォームファクターや、最大密度および急速なデータの増加のための4Uフォームファクターなど、お客様の要件に合わせプラットフォームを選択いただけます。

妥協のない最高レベルのシンプルさ

HPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、ハードウェア障害、容量拡張、ソフトウェアのアップグレード、ハードウェアの世代交代などに伴う中断を最小限に抑え、14ナイン (99.999999999999) の耐久性により、100%の稼働時間を維持します。 これは、ネイティブなマルチサイト機能および自動修復機能を使用するポリシーベースのデータ保護スキーマによって可能になります。

ITゼネラリストのために設計され、真にエンタープライズグレードであるHPE x86サーバーの監視および管理ツールによる大規模な管理が可能です。

ペタバイトクラスのデータ管理に必要とされる人員を削減することにより、計画されたイベントおよび計画外のイベント中でも、ダウンタイムを伴うことなく、費用および時間を節約しながら進行中の運用コストを低減できます。

今日、未来のための永久的な柔軟性

HPE Scalable Object Storage with Scality RINGは、お客様のアプリケーションに数多くの入り口を提供します。 ファイルプロトコルおよびオブジェクトAPIをサポートしており、OpenStack環境と合わせて、統合された1つのシステム内に配備が可能です。

また、単一サイト内の単一システム、複数サイトにわたって分散される単一システム、および相互に複製される複数サイト上の複数システムなど、さまざまな配備トポロジから選択できます。

複数の世代にまたがる異なる構成やプラットフォームを組み合わせることで、現状に最適なハードウェアを選択し、時間の経過とともにロックインやフォークリフトアップグレードを行うことなく進化させることができます。 将来的なデータ移行およびアップグレードを排除し、総所有コスト (TCO) を抑えます。

ライセンスはハードウェアに依存しないため、各プラットフォームを更新するたびに新規ライセンスを購入する必要がなくなり、拡大に合わせて追加ライセンスのみを購入できるようになります。