HPE InfoSight for serversは、HPE InfoSightによる機械学習および予測分析と、Active Health System (AHS) およびHPE Integrated Lights-Out (iLO) による稼働状況とパフォーマンスの監視を組み合わせることで、パフォーマンスを最適化するとともに、問題を予測して回避します。HPE InfoSight for serversは、インフラストラクチャの管理方法とサポート方法を変えることで問題を解消し、時間の無駄をなくします。AHSは、サーバーの「フライトレコーダー」のように継続的に稼働状況を監視し、サーバーに関する数千件のシステムパラメーターと診断テレメトリデータを24時間365日記録しています。HPE InfoSight for serversは、AHSのテレメトリデータを分析し、インストールベースの動作から有益な情報を引き出すことで、問題を解決してパフォーマンスを向上させるための推奨事項を提示します。iLO Amplifier Packは、HPE InfoSight for serversのオンプレミスのゲートウェイ として機能します。

最新情報

  • AHSログファイルをアップロードしてHPE InfoSight for serversの機能をプレビューします。設定の詳細、ファームウェア/ドライバー情報、稼働状況アラートを表示し、サポートケースを作成します。
  • 有効な保証またはサポート契約の対象となっているサーバーで検出された稼働状況に関する固有の問題に対して、サポートケースの自動作成が利用できるようになりました。
  • InfoSight for serversに接続されたサーバー構成との関連性に基づいて厳選されたカスタマーアドバイザリのリストは、サーバーの [Customer Advisories (カスタマーアドバイザリ)] タブから利用できます。
  • HPE Gen10 Plusサーバー、およびHPE iLO 5を内蔵しているHPE EdgelineサーバーブレードとHPE Moonshotサーバーブレード (HPE ProLiant m750サーバーブレードおよびHPE ProLiant e910サーバーブレード) をサポートしています。

機能

問題の予測と回避

プロアクティブな問題解決: HPE InfoSight for serversは、Active Health System (AHS) およびiLOと連携して、サーバーインフラストラクチャにおける構成、稼働状況、パフォーマンスの問題を予測し、解決策を推奨します。

一元的なダッシュボード表示: システム情報、サーバー保証、サポートステータス、推奨事項など、サーバーインフラストラクチャのステータス、パフォーマンス、稼働状況を一元的に表示できる、運用状態を管理するグローバルダッシュボード。

コンプライアンス評価: ファームウェア/ソフトウェアインベントリにあるサポート対象のコンポーネントの最新バージョンに基づく、サーバーの最新Service Pack for ProLiant (SPP) の自動検出およびホットフィックスの通知。

グローバルな可視化と学習機能

独自の機能: HPE InfoSight for serversは、過去から未来にわたってインフラストラクチャ全体を監視し、サーバーの稼働状況とパフォーマンスに関する詳細な情報を提供します。

サーバーの高度化: 全インストールベースで共有される有益な情報と経験から学習することで、各サーバーの機能と信頼性が向上します。

実際のニーズに合ったサポート

サポートの自動化: 有効な保証/サポート契約の対象となっているサーバーで特定された稼働状況に関する固有の問題に対して、サポートケースが自動作成されます。サポートケースはInfoSight内から手動で作成することもできます。

根本原因の迅速な特定: HPEのサポートエンジニアは、ストレージ、サーバー、OS、ハイパーバイザー、およびアプリケーションに関する高度な専門知識を備えています。HPE InfoSightは問題と環境に関するあらゆる情報をすでに収集しているため、非常に複雑な問題であってもその根本原因を簡単に特定できます。