何千台ものサーバーがある大規模なデータセンターを抱えていませんか。このサーバーインフラストラクチャのアップデートプログラムを管理するために、専任のエンジニアチームを用意し、何度もダウンタイムを計画していませんか。iLO Amplifier Pack (Integrated Lights-Out) は、大規模なHPE Gen8、Gen9、およびGen10サーバーを展開しているお客様が、迅速に最新のインベントリを取得し、ファームウェアおよびドライバーのアップデートを自動化できる、スケーラブルなインベントリ管理およびアップデート管理ツールです。また、ファームウェアが破損しているシステムの手動および自動リカバリを支援します。数千台のサーバーまで対応可能となっており、スタッフとダウンタイムを削減できます。これは事前に検証済みのソリューションで、ブラウザーベースのGUIを使用して管理者はコンソールでメンテナンスでき、各ユニットに物理的に操作したり、カスタマイズされたスクリプトを作成して管理したりする必要がありません。サーバーで更新し、相互依存性の問題について確認する必要のあるコンポーネントを特定する統合型検出エンジンが搭載されています。

最新情報

  • 破損したファームウェアか改ざんされたファームウェアを含むサーバーをリカバリできるサーバーシステムリストア (HPE ProLiant Gen10以降のサーバーのみ)
  • Active Directoryによるユーザー認証をサポート
  • iLO Repositoryベースの更新をサポート
  • ユーザーによるレポートのカスタマイズおよびダウンロードをサポート

機能

簡単かつ迅速なインベントリサーバ

HPE iLO Amplifier Pack (Integrated Lights-Out) は、大規模なHPE Gen8、Gen9、およびGen10サーバーを展開しているお客様が、迅速に最新のインベントリを取得し、ファームウェアおよびドライバーのアップデートを自動化できる、スケーラブルなインベントリ管理およびアップデート管理ツールです。

HPE iLO Federationを使用して数千台のHPE Gen8、Gen9、およびGen10サーバーの基本インベントリを迅速に検出して処理を完了します。

HPE iLO Federationが無効になっている場合や使用されていない場合に、サーバーの検出およびインベントリ作成を行うためのさまざまなiLO IPアドレスをサポートします。

詳しい分析のために、詳細なハードウェア、ファームウェアインベントリ、およびiLOライセンスレポートを表示してダウンロードできます。

手間のかからないサーバーアップデート

HPE iLO Amplifier Packは、ファームウェアとドライバーのアップデートのためにオンラインモードとオフラインモードの両方をサポートします。

HPE iLO Amplifier Packがこれらのアップデートを適切な順序で一括適用し、複数のサーバーをシングルタスクでアップデートできます。

アラートをタスクのステータスやエラーに応じてメールや if, this, then, that (IFTTT) と言ったルールに応じて変更して提供可能です

Hewlett Packard Enterpriseは、SPPおよびメンテナンスサービスバンドル(MSB)と組み合わせることで、最新のファームウェアとドライバのアップデートを使用してサーバーを稼働させ続けるための完全なソリューションを提供します。

サーバーシステムリストア

破損したファームウェアか改ざんされたファームウェアを含むHPE ProLiant Gen10以降のサーバーを自動または手動でリカバリできます。

サーバーは、ユーザーがリストア、自動/手動リカバリ、およびユーザー定義のリカバリプロセスを開始するために使用できるブート可能な.isoに対するファームウェア構成パラメーターを定義できる、リカバリポリシーに関連付けられます。

自動リカバリは、ユーザー定義のリカバリを開始できる仮想メディアを使用して、必須のサーバーファームウェアのリカバリ、ファームウェアの設定、ブート可能な.isoのマウントの順に行われます。これにより、通常のオペレーティングシステム、アプリケーション、およびデータのリストアに対応できます。

手動でのリカバリを選択したユーザーは、リカバリが必要なサーバーに関する通知を受け取って適切なアクションを取ることができます。

サーバーシステムをリカバリするには、管理対象サーバーにHPE iLO Advanced Premium Security Editionのライセンスをインストールしておく必要があります。