HPC Linux®ストレージ環境でのデータ管理に苦労していませんか。HPE Data Management Frameworkは、階層型のストレージ管理アーキテクチャーを実現し、データアクセスとストレージリソースを最適化します。データは、管理者が定義したサービスレベルとスピード要件に基づいて、階層に割り当てられます。たとえば、頻繁にアクセスされるデータは、フラッシュのハイパフォーマンス階層に、あまり頻繁にアクセスされないデータは、キャパシティ階層のハードドライブに、アーカイブデータはテープストレージに配置できます。統合されたポリシーエンジンにより、階層間のデータ移動の指定、バックアップ、アーカイブ、ディザスタリカバリの仕組みとの統合が可能になります。データを適切な階層に割り当てることによって、データはアクセス要件に合わせて最も費用対効果の高いハードウェアに配置されます。さらに、データを多用するワークフローを、データの自動ステージングによって合理化でき、データ収集の遅延を軽減できます。

機能

適切な時間と場所にあるデータ

HPE Data Management Frameworkにより、HPC Linuxストレージ環境で階層型ストレージアーキテクチャーを利用できるようになり、アクセス速度の要件に応じて階層を定義できます。たとえば、迅速にアクセスする必要があるデータはSSDの階層に配置し、使用頻度の低いデータはテープアーカイブに配置できます。

データが属する階層がどこであっても、ユーザーまたはアプリケーションにオンラインで表示されます。ファイルの残りの部分がストレージの下位層に残っている場合でも、ファイルは部分的に呼び出され、すぐにデータにアクセスできます。

ジョブ固有のデータステージングによって、データ収集プロセスを自動化してワークフローを合理化でき、必要なときにデータを提供できます。

データストレージリソース活用の最適化

HPE Data Management Frameworkは、ストレージリソースの使用を最適化します。データを定義されたアクセスポリシーに基づいて最も費用対効果の高いストレージ構造に移行できるため、ストレージ容量を効率的に使用できます。

データは必要な場合のみ各層に配置され、アクセスポリシーに従い必要な最もコストの低いストレージ階層に保持されるため、ストレージ全体のコストが削減されROIが向上します。

管理オーバーヘッドの削減

HPE Data Management Framework (DMF) では、手動データ転送を削減する自動ポリシーを利用できます。

データは必要な場合のみ各層に配置され、アクセスポリシーに従い必要な最もコストの低いストレージ階層に保持されるため、ストレージ全体のコストが削減されROIが向上します。

将来的にも利用できるストレージアーキテクチャー

HPE Data Management Frameworkは、新しいストレージ機能へのデータの自動移行、検証、および統合をバックグラウンドで行うことにより、新しいストレージテクノロジーのシームレスに導入できるようにします。

新しいストレージ機能へのデータ移行中もエンドユーザーによるデータへのアクセスには影響ないため、エンドユーザーがデータ移行を意識することはありません。

  • Linux®は、Linus Torvaldsの登録商標です。