統合データセンターやクラウドベースのプラットフォームの効率とセキュリティを向上させる必要に迫られていませんか。Microsoft® Windows Server® 2019は、アプリケーション向けの効率的なハイブリッド機能、強化されたセキュリティ、および迅速なイノベーションでオンプレミスのストレージとクラウドストレージをスムーズに連携させるオペレーティングシステムです。Storage Migration Serviceを活用すれば、簡単かつ効率的にサーバーを移行し、Storage Replicaなどの組み込みの機能を組み合わせてインフラストラクチャを最新化できます。これらのイノベーションは、Windows Server 2016に組み込まれたセキュリティの基盤をさらに拡充し、組織におけるメンテナンスコストの削減、特権アクセスの管理、およびオペレーティングシステムの保護をサポートします。強力なセキュリティレイヤーと各種のイノベーションでビジネスの効率と生産性を向上させるWindows Server 2019は、HPEのサーバー、ストレージ、およびネットワーキングソリューションと連携して、ビジネス目標の達成をサポートするテクノロジーを提供します。

最新情報

  • 独自のハイブリッドデータセンタープラットフォーム: オンプレミスとクラウドの両方を効率的なハイブリッド機能で管理し、未来に備えます。
  • レスポンスタイムを最短に: 強化されたセキュリティ機能が、新たな脅威の検出と対応、攻撃の回避、セキュリティ侵害のリスクの低減、およびビジネスデータの保護をサポートします。
  • 迅速なアプリケーションのイノベーション: 既存のアプリケーションを最新化し、クラウドネイティブアプリケーションで次世代の環境を構築できます。
  • 改善されたハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI): コンピュートやストレージのニーズに対応するHCIでメンテナンスコストを削減すると同時に拡張性を向上させながら、アプリケーションやワークロードを実行できます。

機能

Storage MigrationとStorage Replica

Storage Migration Serviceは、アプリケーションやユーザーの再設定を行うことなく、サーバーを新しいバージョンのWindows ServerやMicrosoft Azureにより簡単に移行できるようにするウィザードベースのテクノロジーです。

現在、Windows Server 2019 StandardにはStorage Replicaが搭載されていますが、Windows Server 2019 Datacenterのフル機能と比較して、いくつかの制限があります。テストフェイルオーバーは、移行先のストレージをマウントし、フェイルオーバーを実行することなくレプリケーションまたはバックアップデータの妥当性確認を行うことができる独自の機能です。

ハイブリッドクラウドとセキュリティ

Windows Server 2019は、システムに関する有益な情報、ローカル分析機能、および高精度の予測により、オンプレミスのWindows Serverのリアクティブな管理をプロアクティブなケアに変化させます。

オンデマンドのServer Coreアプリケーションは、Windows Server Coreインストールオプションのアプリケーション互換性を大幅に向上させます。

Windows Defender Advanced Threat Protection (ATP)[1]は、Azureの膨大なセキュリティリソースによって強化された高度なカーネルおよびメモリセンサーへのアクセスを提供し、プロアクティブなセキュリティの向上とリスクの軽減をサポートするとともに、Windows Server 2019のエンドポイントにおける迅速な対応を可能にします。

シールドされたLinux® VMをサポートし、Windows Serverが仮想環境で保護できるオペレーティングシステムの範囲を広げることでセキュリティ侵害のリスクを軽減します。

Windows Admin CenterとAzure Integration

Windows Server 2019には、Server ManagerやMicrosoft Management Console (MMC) などのインボックス管理ツールの最新のブラウザーベースの進化版である、無料でダウンロード可能なWindows Admin Centerが組み込まれています。

事業継続性を維持してセキュリティを確保できるよう、Azure Backup、Azure File Sync、Azure Site RecoveryなどのAzureクラウドサービスには、初期設定の統合からクラウドベースサービスの管理に至るまでのあらゆる機能が含まれています。

Windows Admin Centerは、Azureサービスを使用するオンプレミスのマシンの入口としての役割を果たします。このアプリケーションはAzureポータルから切り離され、初期セットアップフロー後の管理、監視、および設定に使用されます。

Windows Admin Centerではアクションをリストアし、リカバリポイントで実行することが可能です。また、従来のWindows Serverから最新のWindows Server 2019マシンにサーバーワークロードを移行する、Windows Server 2019 Storage Migration Service用のシンプルなウィザード主導型のユーザーインターフェイスとしての役割も果たします。

お客様は引き続きAzureポータルを使用して、Azure全体の幅広いクラウドサービスの大規模なサーバーを管理するとともに、ディープリンクでジョブやアラートを監視するために集約された情報を確認することが可能です。

  • 1.
    Azureのサブスクリプションが必要です。
  • Microsoft®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Windows®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Linux®は、Linus Torvalds氏の登録商標です。