戻る

サーバーコンポーネントの管理を自動化する単一のスクリプト作成ツールが必要ではありませんか。多すぎるツール、リモート管理の脆弱性、スクリプト作成の制約に困っていませんか。ヒューレット・パッカード エンタープライズは、HPE ProLiant Gen9 & Gen10サーバー用にRESTfulインタフェースツールという単一のスクリプト作成ツールを設計および提供しています。このツールを使用すると、大規模なサーバー環境の自動化を柔軟かつシンプルに実現し、サーバーの展開を迅速化し、時間を大幅に短縮できます。RESTfulインタフェースツールを使用すると、さまざまなサーバーコンポーネントを構成、監視、およびアップデートできます。このツールは、Redfish APIに準拠するiLO RESTful APIと互換性があり、FWまたはスキーマのダウンロードの依存関係がなく、iLO、BIOS、Smartアレイおよびファームウェアのアップデートを管理できます。

最新情報

  • RAIDの基本構成は、HPE ProLiant Gen10サーバースマートアレイでサポートされます。
  • iLO/BIOSアップデートと新しいコマンド
  • iLOリポジトリ管理&ステージコマンド

機能

複数のサーバーで一貫性のあるサーバー管理を実施するための単一のスクリプト作成ツールを提供

RESTfulインタフェースツール (iLOREST) は、iLO RESTful API (Redfish API互換) を活用し、電源、BIOS、iLO設定、イベントログの取得、RAIDなどを制御するためのサーバーインベントリ、監視および設定を提供します。

httpsプロトコルに準拠したサーバーのデプロイメント・セキュリティを向上させるスクリプトを作成しながら、リモート認証を提供します。

50以上のコマンドを利用でき、管理をシンプルにします。

フィルタはオブジェクトのプロパティの値に基づいてオブジェクトを選択するための新しいオプションパラメータです。これは、PCIデバイスのような複数のインスタンスを持つオブジェクトタイプに役立ちます。

高度なユーザーは、オープンソースプロジェクトによってコマンドを作成または結合して、サーバー管理で必要となる機能を統合して運用を容易できます (iLOREST)。

3つのスクリプト作成モードのいずれかを使用して展開にかかる時間を短縮

RESTfulインターフェイスツール(iLOREST) には、オートコンプリート機能を使用してツールの操作方法を習得できるインタラクティブモードが用意されています。

スクリプト可能モードでは、外部入力ファイルを使用してすべてのコマンドをスクリプトできます。 スクリプトには、サーバーオブジェクトのプロパティを取得および設定できるコマンドラインのリストが含まれています。

ファイルベースの様式は、CONREPで使用されるconrep.datファイルと似ています。ファイルベースの様式はJSONファイル形式がサポートされています。