今日のソフトウェア デファインド インフラストラクチャの基盤となるHPE OneViewは、IT部門がより迅速にインフラストラクチャを展開してライフサイクルの運用を簡素化し、生産性を向上させることができるようサポートします。このソフトウェアを使用すれば、IT部門はコードのようにワークロードを構成してアジリティを向上させるとともに、予見性を高めてコンプライアンスを確保できます。またお客様は、パートナー企業のクラウド管理プラットフォームとの統合により、コアからクラウドに至るまでのインフラストラクチャを集約できます。HPE OneViewは、HPE Synergy、HPE BladeSystem、HPE ProLiant (DLおよびML) サーバー、HPE Apolloシステム、HPE Superdome X、HPE Superdome Flex、HPE 3PAR StoreServ、HPE Nimble Storage、HPE StoreVirtual VSAストレージ、HPE FlexFabric、HPE Converged System、HPE ProLiant DL向けコンポーザブルクラウドのインフラストラクチャ管理を強化します。

最新情報

  • 新しいファームウェアコンプライアンスダッシュボードにより、ファームウェアのコンプライアンス管理が適切に簡素化されます。
  • アップグレードされたユーザーインターフェイスによってナビゲーションが向上し、わずか数クリックで一般的なタスクにアクセスできるようになりました。
  • オンラインアップデートでサーバー管理を改善するとともにHPE iLOの構成を拡張しました。
  • HPE ProLiant DLサーバーとHPE ApolloサーバーのSANボリュームがわずか数分で自動的にプロビジョニングされます。

機能

ソフトウェア デファインドによる自動化への移行

IT組織はハードウェアの展開と管理に費やす時間を減らし、ITサービスの提供により多くの時間を割きたいと考えています。HPE OneViewのソフトウェア デファインドによる自動化を活用すれば、IT部門はインフラストラクチャの展開に必要な時間を短縮してライフサイクルの運用を簡素化し、生産性を向上させることができます。

ITスペシャリストは、HPE OneViewを使用してゼネラリストがコンピュート、ストレージ、およびファブリックリソースを迅速かつ確実にプロビジョニングできる、ワークロードに最適化されたインフラストラクチャテンプレートのカタログを作成します。

HPE OneViewの使いやすい統合型インターフェイスには、サーバー、プロファイル、エンクロージャー、ストレージ、およびネットワーキングの状況が一元的に表示されます。IT部門は、インフラストラクチャ全体の稼働状況をプロアクティブに監視し、問題が発生してダウンタイムが生じる前にアラートを送信することもできます。

HPE OneViewは、インフラストラクチャ全体のライフサイクル管理を簡素化します。IT部門はテンプレート内でファームウェアやドライバーのアップデートを適用し、より高度なセルフモニタリング/メンテナンスツールを使用してファームウェアアップデートやドライバーアップデートなどの重要なライフサイクルの運用をスムーズに更新できます。

あらゆるワークロードをサポートする構成

IT部門がHPE OneViewを使用してソフトウェアでITプロセスを定義すると、IT管理者はオンプレミスの物理インフラストラクチャを簡単に構成し、コードとして管理できるようになります。

ソフトウェアで定義したデータセンターの物理インフラストラクチャはプログラム可能になり、1つの統合APIで管理できるようになります。

ソフトウェアテンプレートを使用すれば、アプリケーション、仮想ホスト、またはコンテナーインフラストラクチャに必要とされるすべての物理リソースを1行のコードで完全に記述して構成できます。

HPE OneViewの統合APIを活用し、Ansible® by Red Hat®、Chef®ソフトウェア、Puppet、PowerShell®、Python、VMware® vRealize® Orchestrationなどの幅広い自動化ツールを企業に提供する自動化のパートナーが増えつつあります。

コアからクラウドへの接続

HPE OneViewにより、IT管理者はさまざまなパートナーエコシステムを活用してターンキー方式のプライベートクラウドインフラストラクチャをプロビジョニングし、コアからクラウドへのソフトウェア デファインド インフラストラクチャの接続を確立できます。

IT組織は、パートナーエコシステムを活用して既存の管理フレームワーク内のHPE OneViewと任意のプラットフォームを統合できます。このような機能により、チームは主要関係者が求める成果を実現しつつ一貫した方法でプロジェクトを進められます。

HPE OneViewとエコシステムパートナーを統合することにより、IT管理者は最新のエンタープライズアプリケーションの展開を自動化できます。

HPE OneViewを活用すれば、Morpheus、Micro Focus、CANCOMなどのコンポーザブルエコシステムパートナーと連携したり、HPE OneSphereを利用したりしながら、インフラストラクチャを変革してあらゆるワークロードを構成し、コアからクラウドへの接続を確立することが可能です。

HPEサービスとサポートにより価値創出までの時間を加速

HPE OneViewの24時間365日のサポートでは、製品構成または操作上の問題への対処や、不具合の分析と解決を行うために必要な専門知識を提供します。

限られた数のシステムを対象に、インストール、起動、および移行サービスを利用することで、HPE OneViewを簡単にインストールおよび構成でき、導入初日から優れた操作性が実現します。

新しいRemote Technician機能により、HPEにサービスコールを行って、お客様のシステムで直接問題のトラブルシューティングを行うことが可能なサポート技術者に1回限りのセキュアなリモートアクセスを許可できます。

  • Microsoft®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。VMware®およびvRealizeは、米国および/またはその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。vCenter™は、米国および/またはその他の地域におけるVMware, Inc.の商標です。Ansible®およびRed Hat®は、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.の商標です。PowerShell®は、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。