データセンターインフラストラクチャの健康状態を確認するための単一のダッシュボードが必要ではありませんか。HPE OneView Global Dashboardでは、データセンター全体で最大25台のHPE OneViewインスタンスと150台のHPE Hyper Converged 380インスタンスを管理できます。ITスタッフは最大25台のHPE OneViewアプライアンスにまたがるアラートをトラブルシューティングし、コアのインベントリデータを表示できます。インフラストラクチャの可視性が向上し、豊富な情報に基づいたより迅速な意思決定が可能になります。シングルサインオンを利用でき、パワフルなデバイスレベルのライフサイクル管理にワンクリックでアクセスでき、アプライアンス間を移動する必要がなくなります。お客様は、追加費用なしで、HPE OneView Global DashboardをHPE OneViewと一緒にダウンロードして実行するだけで、HPE BladeSystem c-Class、HPE ProLiant DL、HPE SimpliVity 380、HPE Synergy、HPE Apollo、HPE ML350 Gen9、およびHPE Superdome X システムを単一のインフラストラクチャとして管理できます。

最新情報

  • HPE SimpliVity 380の拡張サポート
  • 厳格なセキュリティモードで実行
  • エンタープライズ証明機関をサポートし、簡単に証明書を管理
  • サーバーハードウェアの詳細なファームウェアレポート

機能

複数のロケーションにあるデータセンターのインフラストラクチャ全体を統合して表示

HPE OneViewのグローバルダッシュボードは、複数のアプライアンスにまたがるヒューレット・パッカード エンタープライズのサーバー、プロファイル、エンクロージャー、HPE 3PARストレージシステムのヘルスを統合して表示するため、管理が容易

2.0、3.0、3.1、4.0 およびHPE Synergy Composerなど、HPE OneViewの複数のバージョンで統一されたビューを提供します。

監視対象のハードウェアで発生している問題を素早く特定し迅速に問題を解決するため、複数のアプライアンスの重要なアクティベーションを単一のフィードに集約

ファームウェアバージョンなどのインベントリを表示する監視対象アセットのレポートや、機器が企業の標準規約に適合しているかどうかを検証できるコンプライアンスレポートを生成

シングルサインオンによるワンクリックナビゲーション、管理対象リソースのコンテキストローンチ

インベントリとヘルスステータスのレポートに簡単アクセス

HPE OneViewのグローバルダッシュボードから提供されるコンプライアンスレポートによって、現在のファームウェアベースラインとは異なる構成を簡単に特定でき、構成の遵守と一貫性を向上

インベントリの統合レポート機能により、関連するファームウェアバージョンなど、サーバーハードウェアのインベントリを表示可能

ご使用の環境内で、リソースID番号 (シリアル番号、World Wide Identifier (WWID)) が重複していないことを素早く検証可能

ニアリアルタイムの検索機能が可能にする迅速な意思決定

HPE OneViewのグローバルダッシュボードではスマート検索機能を利用でき、データセンターにある問題のデバイスに数秒でアクセスでき、システムを可視化でき、迅速な意思決定を支援

リソースに関連付けられた属性を検索して、目的の項目を素早く見つけて移動

問題が発生しているリソースセットを簡単にフィルタリングして表示できるため、修復が必要な対象だけに注力可能