HPE SimpliVity380 は、パブリッククラウドの俊敏性を自社内クラウドで実現可能にする、世界最高レベルの効率と耐障害性を備えたエンタープライズ向けハイパーコンバージド製品です。
全世界のHCI市場において、すでにリーダーポジションを獲得しており、最高評価の顧客満足度を獲得しているSimpliVityと、全世界販売台数No.1 のHPE ProLiant DL380 を組み合わせたハイパーコンバージド製品であり、仮想サーバーを稼動させるために必要となるサーバー、ストレージやその他機器をシンプルに統合した、コンパクトで拡張性の高い2U のラックマウント型アプライアンスです。
従来のハイパーコンバージド製品では別途準備が必要であったバックアップソフトウェアや、WAN 最適化装置、災害対策システム用ソフトウェアも全て含まれています。また、最低2台の構成から利用可能なため、従来のハイパーコンバージド製品では必須となる、高速通信を確保するためのネットワークスイッチも不要となり、スモールスタートが可能です。

最新情報

  • XLストレージオプション(3.84TB SSD X 12本)が選択可能になりました

機能

機器を10分の1 に、TCOを73% 削減

HPE SimpliVity380 には、従来のハイパーコンバージド製品と同様に、仮想サーバーを稼動させるために必要となるサーバー、ストレージ、ストレージ用スイッチなどがすべて組み込まれています。
それに加え、従来のハイパーコンバージド製品では別途準備が必要であったバックアップソフトウェアや、WAN 最適化装置、災害対策システム用ソフトウェアも全て含まれています。また、最低2台の構成から利用可能なため、従来のハイパーコンバージド製品では必須となる、高速通信を確保するためのネットワークスイッチも不要となり、スモールスタートが可能です。

1TBの仮想マシンを平均60 秒でリカバリ可能沢山のチャレンジ・失敗ができる環境を提供

今日の企業では、沢山のビジネスアイデアを迅速に事業化し、その中から「本当に儲かるビジネス」を取捨選択してゆく、アジャイル的事業開発が求められています。そのためには少額の投資で、沢山のチャレンジ・失敗ができる環境を準備する必要があります。
HPE SimpliVity380 は、専用ハードウェアアクセラレーターカードのリアルタイムのデータ重複排除・圧縮機能により、仮想マシン単位でのバックアップ、リカバリ(復元)を迅速に実行することが可能です。1TBの仮想マシンの場合、平均60秒でリカバリが可能です。これにより、ビジネスの必要に応じて迅速に仮想マシンを配備、コピー、元に戻すことが可能となり、沢山のチャレンジ、失敗ができるIT環境を提供することが可能です。

障害発生時のダウンタイムを最小化、災害対策サイトも低コストで実現

システムのバックアップはどれくらいの頻度で取られていますか?週1 回や、1 日に1 回といった企業が大半です。しかし、毎日バックアップを取得していても、夕方にトラブルが発生すると、その日の朝から夕方までのデータが失われることとなります。昨今は、ランサムウェアなどの蔓延で、データ自体は消失しないものの、暗号化をかけられてしまい、一瞬にしてデータが利用不可能になる事例も発生しています。HPE SimpliVityを利用すると、本番システムに影響を与えずに迅速にバックアップを取得することが可能であるため、1 時間毎、もしくは十数分ごとといった高頻度でのバックアップ取得が可能となります。また短時間のリストア機能により、高い業務継続性を実現します。
HPE SimpliVityの強力な重複排除や圧縮機能により取り扱うデータを最小限にできるので、遠隔地の災害対策サイトへのデータバックアップも、高頻度に、かつ短時間で行うことが可能となります。通信に必要な帯域も少なくて済むため、大幅にコストを抑えて災害対策サイトの構築が可能となります。