HPE SimpliVityは、大手から中小まで幅広い企業で利用されています。特に専門知識を有した情報システム部を持つことが難しい小規模企業では、HPE SimpliVityの導入により、管理をシンプル化し、誰でも管理が出来るようになり(属人化排除)、多くのシステム管理の課題を解決します。
HPE SimpliVity325は、エントリークラスのストレージ容量ニーズに対し、従来製品と同様の圧縮・重複排除率を実現しました。また、プロセッサとして、1CPUで最大64コアを搭載する第2世代AMD EPYCプロセッサを採用しているため、CPUコア数が不足しがちなVDI用途にて、多くのユーザーの収容が可能となり、コストを抑えたシステム構築が可能となります。また、一般仮想化統合案件でも、高密度な仮想マシンの集約が可能となります。

最新情報

  • 第2世代AMD EPYCプロセッサー対応
  • ソフトウェアで最適化された小容量 (4.6TBと7.5TB) のHPE SimpliVity ラインナップ

機能

中小企業から大企業のシステムまで幅広くカバーするエントリークラスのHCI製品

HPE SimpliVityは、大手から中小まで幅広い企業で利用されています。特に専門知識を有した情報システム部を持つことが難しい小規模企業では、管理をシンプル化し、誰でも管理が出来るようになり(属人化排除)、多くのシステム管理の課題を解決します。

1U/1CPUでスモールスタートが可能に

HPE SimpliVity325は、エントリークラスのストレージ容量ニーズに対し、従来製品と同様の圧縮・重複排除率を実現しました。また、プロセッサとして、1CPUで最大64コアを搭載する第2世代AMD EPYCプロセッサを採用しているため、CPUコア数が不足しがちなVDI用途にて、多くのユーザーの収容が可能となり、コストを抑えたシステム構築が可能となります。また、一般仮想化統合案件でも、高密度な仮想マシンの集約が可能となります。

他のHPE SimpliVityモデルと同様に重複排除、秒速バックアップが可能に

HPE SimpliVityに初めから内蔵されているバックアップ機能を利用することにより、秒速でバックアップが終了。従来型のバックアップソフト等が不要となります。

  • AMDは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。VMware ESXiは、米国および/またはその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。