HPE ProLiantサーバー

信頼性の高いエンタープライズクラスのサーバーを予算内で簡単に導入できることをご存知ですか。

HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーは、小規模オフィス、リモート環境および店舗向けに設計された、パワフルで手頃な価格のタワー型サーバーで、オンプレミス/ハイブリッドクラウドソリューションを実現し、エンタープライズクラスのパフォーマンス、セキュリティ、信頼性、拡張性を低コストで提供します。

HPEのサーバーには、HPE iLOのSilicon Root of Trustのセキュリティが直接組み込まれています。冗長電源装置オプションと4台のホットプラグ非対応/対応3.5インチ (LFF) ドライブまたは8台のホットプラグ対応2.5インチ (SFF) ドライブにより、可用性と柔軟性を提供します。

PCIe Gen4を含む拡張機能が強化されたことで、ビジネスの成長に合わせてSerial Attached SCSI (SAS) コントローラーやネットワークカードをアップグレードすることが可能になり、ビジネスの推進に貢献します。HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーの導入は、現在および将来のビジネスに多大なメリットをもたらします。

最新情報

  • 最大8コア、95Wのインテル® Xeon® Eプロセッサーをサポート。
  • 3200 MT/s HPE DDR4標準メモリUDIMMは、8GB、16GB、32GB、最大128GBのメモリ容量を提供します。
  • 4つの拡張スロットにより、より柔軟な使用が可能。1スロットは、PCIe Gen4対応です。
  • オンボードM.2 NVMe/SATA SSDのサポート。
  • 専用のHPE iLOポートおよびシリアルポートキットのオプション。

機能

毎日のオフィスワークロードのためのパワフルでありながら手ごろな価格のサーバー

HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーは、最大8コアのインテルXeon Eプロセッサー、最大128GBの3200MT/s DDR4 ECC UDIMMを搭載できるため、中小規模のビジネスアプリケーションを十分にサポートできるパフォーマンスが実現します。

HPE ML30 Gen10 Plusは、最大72TBのストレージ容量を搭載するビジネスに最適なデータストレージプラットフォームで、ビジネスの成長に伴い増加するデータに対応できます。NVMe/SATA SSDをサポートするオンボードのM.2スロットが、ブートドライブで卓越したスピードを実現します。1

オプションの専用HPE iLOポートにより、ネットワーク機能により多くの帯域幅を割り当てることができ、高速のネットワーク速度を実現できます。

ソフトウェアRAIDに標準で付属している組み込みインテル® VROC SATAとHPE Smart Array コントローラーにより、お客様の環境に最適な12Gbpsコントローラーを柔軟に選択できます。

4つの拡張スロットにより、より柔軟な使用が可能。帯域幅を広げる1つのPCIe Gen4 x16を含む。2

エンタープライズクラスのさまざまな機能で、TCOを削減しながらビジネスの成長を実現

HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーは、さまざまなストレージのニーズに柔軟に対応します。4台のホットプラグ非対応/対応3.5インチ (LFF) ドライブオプション、または8台のホットプラグ対応2.5インチ (SFF) ドライブオプションのいずれかを選択し、ビジネスに最適な環境を構築することができます。

選択的なHPE 500w Flex Slot Platinum冗長電源装置は、信頼性を向上させるとともに複数のサーバープラットフォームでスペア部品を共有できます。

ECC (Error-Correcting Code) メモリがデータの損失や予期しないシステムダウンタイムからビジネスを保護します。

HPE ProLiant Gen10 ML30 Plusサーバーには、HPE Integrated Lights-Out (iLO 5) の管理機能の完全なセットが組み込まれています。これには、Agentless Management、Active Health System、およびインテリジェントプロビジョニングを備えたHPE iLOが含まれています。

セキュリティイノベーション

HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusは、ファームウェア保護、マルウェア検出、ファームウェアリカバリといったシリコンレベルに至るイノベーションでビジネスを保護します。

このサーバーでは、サーバーのオペレーティングシステムが起動する前に数百万行のファームウェアコードが実行されます。HPE iLO Advancedプレミアムセキュリティエディションで利用できるランタイムファームウェア検証は、サーバーファームウェアを24時間ごとにチェックし、基盤となっているシステムファームウェアの妥当性と信頼性を検証します。

コードへの不正アクセスが検出されると、セキュアリカバリによってサーバーファームウェアを直近の既知の良好な状態、または工場出荷時の設定にロールバックできます。

HPE Trusted Platform Module (TPM) は、サーバーでハードウェアに暗号スタートアップキーを格納することによりデータセキュリティを向上させ、より安全な環境を提供します。

インテリジェントマネジメントの自動化

HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーは、管理タスクを簡素化および自動化し、自動化によって実現されるハイブリッドクラウド プラットフォームの強固な基盤となります。

HPEサーバーに組み込まれたHPE Integrated Lights-Out (iLO) は、サーバーのステータスを監視するHPE独自のコアインテリジェンスであり、レポート生成、継続的な管理、サービスアラート、ローカルまたはリモート管理機能によって問題の迅速な特定と解決を支援します。

自動化とソフトウェアデファインドの高い制御性により、プロビジョニング、メンテナンス、展開の時間が短縮されます。

HPE InfoSight for Serversは、サーバーインフラストラクチャを継続的に分析し、数十万台のサーバーの実例を適用することで、問題がビジネスオペレーションに悪影響を及ぼす前に予見し、予防します。

  • 1.
    HPE ProLiant ML30 Gen10 Plusサーバーは、PCIe 3.0 x2帯域幅の1つのオンボードM.2 SSDまたはSATAをサポートしています。
  • 2.
    PCIe Gen3 x16との比較
  • Intel、インテル、およびインテルXeonは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。