ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) 環境にGPUを導入する場合、コードの移植やリファクタリングの必要性により、顧客は大きな障害や効率の低下に直面します。顧客の取り組みは、GPUベンダー間の移植性を妨げ、CPUとGPUの実装に一貫性がないことが多い独自のGPUプログラミング環境によって一層妨げられています。高度に並列化された環境でワークロードの大部分を実行するためには、大規模な環境でのGPUレベルのメモリ帯域幅と、CPUとGPU間でのコード共有に対する投資が不可欠になっています。 

Intel Data Center GPU Maxシリーズは、AIやHPCで使用されるデータを多用するコンピューティングモデルの画期的なパフォーマンスを実現する設計となっています。

機能

HPCとAIワークロードを高速化

AIモデルは、トレーニングの効率を向上させるために大規模なデータセットを継続的に必要とします。データ処理を高速化できれば、より迅速にモデルをトレーニングし、展開することができます。

GPUは、インテルアーキテクチャー向けに最適化されたライブラリと、HPCおよびAIワークロード向けに調整された構成、大容量ストレージ、超広帯域メモリにより、エンドツーエンドのAIおよびデータ分析パイプラインを高速化します。

共通/オープン/標準ベースのプログラミングモデル

インテル® oneAPIは、生産性とパフォーマンスを最大限に引き出す共通/オープン/標準ベースのプログラミングモデルです。インテル® oneAPIツールには、高性能コンパイラ、ライブラリ、プロファイラー、コード移行ツールが含まれ、CUDAコードをオープンなC++ with SYCLに簡単に移行できます。

oneAPIに最適化されたディープラーニングフレームワークと機械学習ライブラリを使用することで、開発者はデータ分析と機械学習のワークフローのドロップインアクセラレーションを実現できます。

導入が簡単なこのオープンスタンダードのアプローチにより、開発時間、複雑さ、コストを削減でき、開発者はコードの移植性を制限する開発者の独自環境の制約を解決することができます。

  • Intel およびインテルは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。その他すべての第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。