ハイパフォーマンスコンピューティングの活用によりエンジニアリングの生産性を向上

将来の自動車には、予兆診断、メディア接続、従量制 (Pay-as-you-go) の保険、リアルタイムサービスなどが搭載される見込みです。IoTのイノベーションを通じて、自動車の完全自動運転が実現しようとしています。