「エッジ・ツー・クラウド」を実現するHPEとArubaのネットワークソリューション

Aruba ESP (Edge Services Platform) は、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブの自動化、セキュリティ確保、加速化を通じて、エッジデータを優れたビジネス成果と運用効率に転換する、初のクラウドネイティブ・プラットフォームです。

Aruba ESPの詳細はこちら
統合型インフラストラクチャ
  • コンテキストを視覚的に把握し、簡単かつ効率的にすべてのドメインを管理できます。
  • キャンパス、ブランチ、在宅勤務、データセンターなどの拠点においてWLAN、LAN、SD-WANをクラウドで一元管理し、ITオペレーションを簡素化し改善できます。
エッジ・ツー・クラウド・セキュリティ
  • ゼロトラストおよびSASEフレームワークを基盤として構築された完全な可視化、制御、ポリシー適用を、モビリティ、IoT、在宅勤務者を対象としたセキュリティに提供します。
  • 動的セグメンテーションによるゼロトラストでは、ユーザーとデバイスのアイデンティティを利用して、ネットワークインフラストラクチャにより適用されるロールベースのITアクセス許可を設定します。
  • リアルタイムの脅威データに基づいてアクセス権限を動的に変更します。
AIOps
  • 平均問題解決時間を最大90%短縮します。
  • 管理、オーケストレーション、位置特定などのサービスが一元化され、ユーザーはAruba Centralで確認できます。
  • Aruba AIOpsとAruba Centralを使って、各拠点にまたがる有線、無線、SD-WANなどのネットワークドメインすべてに渡って構成、管理、報告、トラブルシューティングができます。
妥協のないシームレスな接続性

妥協のないシームレスな接続性

デジタルトランスフォーメーション(DX)が勢いを増す中、従来のネットワークでは今日の要求に対処できません。キャンパス、ブランチ、在宅勤務者、データセンターなどの複数の拠点にわたって、有線、無線、WANにまたがる統合ネットワークが必要です。HPEとArubaのワイヤレス接続を通じて、パフォーマンス、信頼性、セキュリティで妥協することなく、優れたモビリティがサポートされます。

境界ベースのアプローチにはないエンタープライズセキュリティ

境界ベースのアプローチにはないエンタープライズセキュリティ

リモートユーザーという形でのエッジの増加と多数の新しいIoTデバイスによって、オンボーディング、可視化、そして本質的なこととしてセキュリティにまつわる特有の課題が生じています。それと同時に、アプリケーションのクラウドへの継続的な移行も変化しています。ArubaのEdge-to-Cloudのセキュリティによって、ネットワークが拡大するにつれてより高いレベルのセキュリティがどのように可能になるかをご確認ください。

概要を読む
規模を問わずネットワークをクラウドから管理

規模を問わずネットワークをクラウドから管理

Aruba Centralは、クラウドネイティブな一元管理コンソールで構築されており、AIを活用したインサイト、ワークフローの自動化、強固なセキュリティを備えた強力なクラウドネットワーキングを提供します。それによりIT部門は、キャンパス、ブランチ、リモート、データセンターのネットワークを単一のダッシュボードから管理および最適化できます。ライブアップグレード、強力なレポート機能を備えているので、日常的なメンテナンス業務の効率が向上します。

デモを利用する

Disneyが思い出に残る体験を提供

ウォルト・ディスニー・ワールド・リゾートのシームレスなテクノロジーを使った没入型のゲストエクスペリエンスの提供についてご覧ください。 

動画を見る(英語)