HPE Living Progress

未来のテクノロジーの需要に持続的に応えること。それが私たちのミッションです

私たちが目指すこと

HPE は、世界の人々の生活と働き方を向上させることを目指しています。HPE は、お客様やパートナー企業が気候変動目標に向けて前進し、ビジネス変革の過程でネットゼロと社会への影響に関するコミットメントを達成することを支援する、サステナブルなソリューションとサービスを提供することに注力しています。

Living Progressレポート

HPE のサステナビリティ(持続可能性)への対応力は、HPEならではの戦略的な強みです。環境、社会、コーポレートガバナンス (ESG) の課題に対するHPEのアプローチ、プログラム、進捗状況など、こちらの年次報告書で詳細をご覧ください。


サーキュラーエコノミー(循環経済)

ビジネスの規模拡大の際、企業はリソースの制限に直面します。IT 製品のライフサイクル全体にわたってリソースの非効率性を取り除くには、今ほど適した時期はありません。HPE はサーキュラーエコノミーの実現に取り組んでおり、設計から運用、耐用年数終了に至るエンドツーエンドの適切な選択を支援し、資産のライフサイクルと資産の再利用を最適化します。

HPE はデータドリブンアプローチを採用し、環境フットプリントの軽減に最も大きな影響を与える取り組みに重点を置いています。

この取り組みと、それによって促進された技術革新そしてエンジニアリングの革新は、エネルギーとリソースの消費量とそれに関連するコストの削減とパフォーマンスの向上というベネフィットを、すでにお客様にもたらしています。

ネットゼロの加速

パリ協定の目標に沿ったバリューチェーン全体にわたる科学的根拠に基づいた目標を設定した最初の IT 企業として、HPEは業界の環境フットプリントを最小限に抑える必要性と、低炭素経済を可能にする機会を理解しています。HPEは、2040 年までに HPE 製品の使用を含むバリューチェーン全体でネットゼロを実現することに取り組んでいます。それを達成するためのロードマップには、当社の活動すべてにおいて根本的な変革が必要です。

気候変動に対する目標

  • 70%
    2020年から2030年までにスコープ1&2の排出量を70%削減
  • 42%
    2020年から2030年までにスコープ3の排出量を42%削減
  • ネットゼロ
    2040 年までにバリューチェーン全体でネットゼロ企業を目指す

サステナブルITソリューション

私たちは、接続性は無限でもリソースは有限、という時代に生きています。HPE は、お客様とパートナーがビジネス変革の際にネットゼロとサステナビリティへの取り組みを達成できるよう支援する、サステナブルなソリューションとサービスを提供することで、業界をリードすることに注力しています。


ソーシャルインパクトの促進%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.hpe.com%2Fjp%2Fja%2Fliving-progress%2Freport.html%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3E2022%20Living%20Progress%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BB%BF%3C%2Fa%3E

  • $35M
    HPE Gives を通じて3,500万ドルを寄付
  • 1M

    HPE Gives の設立以来、社員が100万時間をボランティアとして提供

  • 15K

    世界中で15,000の非営利団体を支援

HPE財団

この財団のミッションは、スキル、リソース、テクノロジーを活かして社会的課題に対処し、人々の生活と働き方を向上させることです。私たちは共に力を合わせれば善なる力になれること、そしてテクノロジーには効率を高め、社会的不平等を緩和し、世界で最も複雑な課題に対するより良い解決策を推進できることを強く信じています。

サプライチェーンの責任

リーダーシップと透明性は、HPEのサプライチェーンの責任における中心となるものです。当社はサプライヤーとその社会的および環境的パフォーマンスに関する重要な情報を毎年公表しており、これは当社とサプライヤーに対する責任を全うすることに役立っています。

サプライチェーンの責任に対する目標%3Ca%20href%3D%22https%3A%2F%2Fwww.hpe.com%2Fjp%2Fja%2Fliving-progress%2Freport.html%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3E2022%20Living%20Progress%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BB%BF%3C%2Fa%3E

100%

主要な HPEサプライヤー98%25%20%E3%81%AE%E6%94%AF%E5%87%BA%E3%82%92%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%EF%BB%BFの100%が2030年までに雇用者負担原則を遵守する

100%

主要な HPEサプライヤー%E6%94%AF%E5%87%BA%E9%A1%8D%E3%81%AE%E4%B8%8A%E4%BD%8D%2095%25%20%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E5%AE%9A%E7%BE%A9%EF%BB%BFの100%が2030年までに従業員に人権に関する研修を実施する

100%

2030 年までに、HPE サプライヤーのサイト(ティア 1&2)の100%に効果的な苦情処理プロセスを導入

コンフリクト・フリー

当社製品の DRCコンフリクト・フリー(紛争鉱物不使用)調達を進展させ、紛争地域および⾼リスク地域(CAHRAs)の状況を改善するDRC%20%E7%B4%9B%E4%BA%89%E9%89%B1%E7%89%A9%E4%B8%8D%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E5%BD%93%E7%A4%BE%E3%81%AE%E9%80%B2%E6%8D%97%E7%8A%B6%E6%B3%81%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%203TG%20%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%AE%E6%95%B0%20%282021%E5%B9%B4%E3%81%8B%E3%82%892022%20%E5%B9%B4%203%20%E6%9C%88%2017%20%E6%97%A5%E7%B7%A0%E5%88%87%E6%97%A5%E7%8F%BE%E5%9C%A8%29%20%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%80%81RMAP%20%E3%81%AB%E6%BA%96%E6%8B%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%81%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%2F%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%BD%93%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%88%A4%E6%96%AD%E3%81%97%E3%81%9F%203TG%20%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82%E7%B4%9B%E4%BA%89%E9%89%B1%E7%89%A9%E3%81%AF%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E6%BA%90%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%81%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%9B%BD%E5%A4%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%BF%E8%AA%BF%E9%81%94%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%A8%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82%EF%BB%BF

HPEは、サプライチェーンにおける強制労働を削減する取り組みが評価され、 Thomson Reuters Stop Slavery Awardを最初に受賞、そして2回受賞した唯一の企業です。

HPEのLiving Progressについてご覧ください

お問い合わせ

HPEの営業担当までお問い合わせください