オールフラッシュストレージの導入効果

意外に知らないオールフラッシュストレージの導入効果


オールフラッシュストレージのコストについても、最新技術によってコストはハードディスク並にまで下がっていることをご存知でしょうか。
また、処理スピードが高速であることは知っていても詳しい導入効果については知らないことが多いかと思います。
そこでオールフラッシュストレージの導入による効果について導入事例をもとに解説いたします。
加えてHPEのオールフラッシュストレージ No1*3PAR StoreServの機能もご紹介いたします。


*出典元:SPC-1 Price-Performance™ ($/SPC-1 IOPS™) Top Ten External Arrays (8-Mar-16)

オールフラッシュストレージによる4つの効果。

ソフトウェア・ライセンス50%削減

ストレージ専有スペース95%削減

基幹系システムバッチ処理時間を1/2に短縮

TCO28倍改善、11%の業績アップに貢献

データベースソフトウェアなどは、サーバーのソケット数やコア数に応じて課金するライセンス体系をとるものが大半です。

オールフラッシュストレージなら、ハードディスクストレージに比べて5-10倍の処理スピードがあり、ストレージに搭載するディスク本数を大幅に減らすことができます。

基幹系システムのバッチ処理時間の短縮は、情報システム部門にとって一層重要な課題です。

オールフラッシュストレージの導入は、多くの効果を生み出します。

ソフトウェアが標準搭載!ついに、3PARの機能が使い放題へ!

新しく生まれ変わったHPE 3PAR StoreServは、今まで機能を有効にする為に、個別購入をしていたソフトウェアがハードウェアに組込みとなり、3PARの機能が標準搭載へ変更になりました。つまり、ハードウェアを購入すれば、追加費用なしで3PARの機能が使い放題へ。予算の関係で諦めていた機能も、新生3PARではフルに活用いただけ、お客様の業務改善を実現いたします。本キャンペーンでは、弊社がお勧めするパッケージ構成をご用意しております。是非この機会に、超特価でご提供する期間限定キャンペーンをご活用いただき、HPE 3PARをご体感ください。


キャンペーン期間:2017年3月16日(木)~9月29日(金)

お電話のお問い合わせ

 

0120-932-035

9:00‐17:30(月曜~金曜)
土・日曜日、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日を除く

関連資料

お客様事例 : アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

お客様事例

アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

お客様事例 : ダイハツ工業がオールフラッシュストレージを採用し新たな成長戦略を加速

お客様事例

ダイハツ工業がオールフラッシュストレージを採用し新たな成長戦略を加速

お客様事例 : ライオンがバッチ処理を大幅短縮、基幹系システムでの採用

お客様事例

ライオンがバッチ処理を大幅短縮、基幹系システムでの採用

お客様事例 : IIJクラウド高負荷時でもI/O性能保証、スペース74%削減

お客様事例

IIJクラウド高負荷時でもI/O性能保証、スペース74%削減