HPE ProLiant Thin Micro TM200

シンマイクロというサーバーの新機軸

パートナーソリューション紹介

HPE ProLiant Thin Micro TM200を使ったパートナー企業のソリューションを紹介いたします。

Webセキュリティソリューション RS-SHADAN

ゲートウェイでセキュリティチェック!
脅威を内部に持ち込ませません

Webセキュリティソリューションでウェブ経由のウイルス感染/拡大を防止

ウイルスの中には、感染時にネットワーク経由で他端末に感染拡大するタイプもあります。Webセキュリティソリューションでは、ウェブ利用時にESET Web Security for Linuxがウイルス検査を実施し、ウイルスを検知した場合、RS-SHADANでウイルス検知端末を瞬時に遮断することができます。RS-SHADANとESET Web Security for LinuxをTM200に搭載し、一つのアプライアンスとして提供することで、ウイルス検査から感染拡大予防までの一連の対策が、Webセキュリティソリューション一つで実現できます。標的型攻撃やランサムウェアといったウイルスからお客様の情報を守ります。

ウイルス検知率UP

エンドポイントに既にESET社以外のウイルス対策ソフトを導入済みの場合、Webセキュリティソリューションを導入することで、ウイルス検索エンジンを二重化できます。二重化することで、パターンファイルが検知できるウイルスの範囲が拡大します。
また、ESET社のウイルス検索エンジンは、亜種ウイルスだけでなく、新種のウイルスも検知でき、ウイルス検知率がUPします。

 

RS-SHADAN連携でウイルス感染拡大防止

ESET Web Security for Linuxを同梱したRS-SHADANアプライアンス版を導入することで、ウイルス検知した場合、ウイルス検知端末をネットワークから自動的に遮断し、感染拡大を防ぐことが可能です。

お勧めしたいお客様

セキュリティを強化したいお客様

すでに他社のセキュリティ対策製品を導入されている場合でも、ESETのエンジンを搭載したESET Web Security for Linuxを導入することで、ウイルス検知率のアップにつながり、セキュリティ強化ができます。

エンドポイント対策ソフトしか導入されていないお客様

標的型攻撃、ランサムウェアの感染経路の一つとして、ウェブアクセス経由がありますが、ウェブアクセス対策を実施していない企業も多く、格好の標的となっています。そのため、ゲートウェイ型のウイルス対策ソフトが必須になりつつあります。

Webプロキシサーバ導入済みでさらにウイルスチェックまでしたいお客様

すでに導入済みのWebプロキシサーバと連携して、ウイルスチェック機能を持たせることが可能です。ゲートウェイでのセキュリティを強化し、内部に脅威を持ち込ませず、外部への情報流出を防ぎます。

こちらのソリューションの詳しい資料は、下記ボタンよりダウンロードいただけます。

企業情報

企業名:株式会社 両備システムズ ソフトウェア事業部

住 所:岡山県岡山市中区藤崎564-5

電話番号:086-200-1130

メール:rssoft-info@ryobi.co.jp

製品URL:https://www.ryobi.co.jp/products/sw-web-security

Intel Inside®飛躍的な生産性を
インテル®Xeon®プロセッサー搭載

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。