HPE ProLiant Thin Micro TM200

シンマイクロというサーバーの新機軸

パートナーソリューション紹介

HPE ProLiant Thin Micro TM200を使ったパートナー企業のソリューションを紹介いたします。

不正接続検知遮断システム RS-SHADAN

持ち込みパソコン/BYOD端末は不正アクセス対策で利用禁止に

端末認証でネットワークのセキュリティを強化

端末認証(MACアドレス認証)でネットワークのセキュリティを強化! RS-SHADANが社内管理されていないパソコンやスマートフォン・タブレットの社内ネットワークへの不正接続を検知、ネットワークから遮断して情報資産を守ります!

ポリシー違反端末を即時遮断

許可した端末以外の不正な端末の接続を検知した場合、即時に自動遮断します。また、許可した端末でも接続有効期限や接続セグメントポリシーを設定することで、接続できる期間や場所の違反があった場合に即時遮断することも可能です。管理者による手動遮断もできます。

 

導入・運用管理が簡単

端末情報は自動で収集し、マネージャで一元管理されます。また、許可したい端末も収集した端末情報から一括で登録することができ、導入も簡単です。運用時にポリシー違反している端末はカテゴリー別に表示されているため、一目瞭然で確認でき、新しい端末登録や廃棄した端末の削除も自動で実施することが可能です。

他社製品と連携遮断

RS-SHADANのポリシーとは別に他社セキュリティ対策製品の違反情報を元に連携して遮断することができます。他社セキュリティ対策製品のアラート通知情報をもとにメールベースで連携を行うため、他社セキュリティ対策製品側に手を加えることなく、容易に連携でき、セキュリティを強化することができます。

お勧めしたいお客様

社内端末の管理ができていないお客様

どのような機器が社内で使用されているかを簡単に把握することができます。社内端末を整理し、状況把握したい方にお薦めです。

社内ポリシー違反端末を社内ネットワークに接続させたくないお客様

私物パソコンや私物タブレットといった社内管理端末でない端末やウイルスに感染した端末を社内ネットワークに接続させたくないといったポリシーをお持ちの方に、自動遮断が有効です。

情報漏洩を防止したいお客様

社内ポリシーに違反した端末をネットワークから遮断することで、情報漏洩を防止します。

こちらのソリューションの詳しい資料は、下記ボタンよりダウンロードいただけます。

企業情報

企業名:株式会社 両備システムズ ソフトウェア事業部

住 所:岡山県岡山市中区藤崎564-5

電話番号:086-200-1130

メール:rssoft-info@ryobi.co.jp

製品URL:https://www.ryobi.co.jp/products/sw-rs-shadan

Intel Inside®飛躍的な生産性を
インテル®Xeon®プロセッサー搭載

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。