プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
    03-6743-6370(フリーダイヤルをご利用できない場合)

2022年11月25日

HPE、新しいHPE Crayポートフォリオにより、スーパーコンピューティングを企業向けに拡充

新しいHPE Cray EXおよびHPE Cray XDスーパーコンピューターは、小規模なデータセンターでも導入可能な筐体で、価格を抑えながら、高性能とAI-at-scaleのメリットを提供し、time-to-insight(洞察を得るまでの時間)の高速化を実現


概 要

  • 拡張されたポートフォリオは、政府機関や、エネルギー、金融サービス、医療・生命科学、製造業に新たな価値を解放し、イノベーションの促進を支援

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード合同会社 本社:東京都江東区、代表執行役員社長:望月 弘一)は、より多くの企業がスーパーコンピューティングを導入し、洞察力の獲得、課題の解決、イノベーションの加速に活用できるよう、世界をリードするエネルギー効率に優れたスーパーコンピューターを小型の筐体で価格帯を抑えて提供することを発表しました。

拡充されたポートフォリオは、新しいHPE Cray EXおよびHPE Cray XDスーパーコンピューターで、HPEのエクサスケールイノベーションを踏襲した、コンピュート、アクセラレーテッドコンピューティング、インターコネクト、ストレージ、ソフトウェア、電力と冷却オプションで構成され、エンドツーエンドで目的に応じたテクノロジーを提供します。圧倒的なパフォーマンスと大規模なAI学習に対応するAI-at-scaleを実現するこのスーパーコンピューターは、高負荷なデータ集約型ワークロードの処理、AIや機械学習の加速、製品やサービスをより早く市場に提供するためのイノベーションの加速に貢献します。

HPEのHPC&AIの最高製品責任者兼Labs担当シニアバイスプレジデントであるトリッシュ・ダムクローガー(Trish Damkroger)は、次のように述べています。
「私たちはエクサスケール時代という新たな最先端領域の世界に踏み出しました。増大する一方のデータが象徴するエクサスケール時代は、データを利活用して成果を生み、イノベーションを加速するために、高度なモデリング、シミュレーション、分析、AI-at-scaleが必要です。世界をリードするエクサスケール技術を駆使したHPE Crayスーパーコンピューターを拡充したポートフォリオは、より多くの企業や政府機関が、それぞれの規模やデータセンターのニーズに合わせて導入できるスーパーコンピューティングです。成長機会に活かす力の拡大に利用していただきたいと考えています。」

市場投入までの時間短縮と産業競争力の強化にスーパーコンピューティングを活用

スーパーコンピューティングは、研究開発を促進し、競争力を強化するにあたって重要な価値を発揮し続けています。

そのスーパーコンピューティングの能力を活用して、モデリングやシミュレーションを実行してデジタルで表現し、製品化する前に物理的な世界での見映えや機能を理解することに役立てることができます。また、多くの製品やサービスがAIや機械学習を組み込んでいるなか、自然言語処理やコンピュータビジョンなどのアプリケーションを強化するにあたって、大規模で堅牢なAIモデルを構築し、学習させることができます。

石油・ガスなどのエネルギー関連、金融サービス、健康・生命科学、製造業などでは、データセンターのサイズ、規模、予算のニーズに合ったHPEのスーパーコンピューティング・ソリューションを採用することで、強力なテクノロジーのメリットを享受できます。業種や業界を問わず、以下のようなユースケースで役立てることができます。

  • より安全で高性能な自動車の市場投入までの時間を短縮
    自動車メーカーが実施する新車の安全性と性能を確保するための衝突試験要件を満たすにあたって、スーパーコンピューティングを活用することができます。車両の安全性や性能をデジタルでシミュレーションし、結果を車両設計の改善に生かし、事故をシミュレーションした結果を乗員を保護するための改良に活かすことができます。また、物理的なテストや衝突試験を実施するための費用やリソースの節約に役立てることもできます。
  • サステナブルな材料をモノづくりに生かす
    材料の物理的・化学的な構成要素をシミュレーションして、代替材料などの発見にスーパーコンピューティングを活用し、サステナブルな製品やパッケージングの開発によるコスト削減につなげることに役立てることができます。
  • 創薬の加速により、早期の疾病治療を促進
    製薬の研究では、化学的相互作用への理解を深め、難病やまだ発見されていない疾病を治療するための画期的な新薬の開発を早めることにスーパーコンピューティングを役立てることができます。
  • 金融市場におけるミリ秒単位で重要な意思決定
    金融アナリストは、スーパーコンピュータの性能およびAI機能を活用して、詳細な分析や高度なアルゴリズムを作成し、重要な株価トレンドや取引の予測、さらには不正行為の検出やリスク管理の向上に役立てることができます。

エクサスケールを実現したイノベーションを企業ユースのスーパーコンピューティングに拡大

HPEは本日、政府および企業が恩恵を受けることができる以下の新しいスーパーコンピュータを発表します。

  • HPE Cray EX2500 スーパーコンピューター
    世界初、最速のエクサスケールシステムを実現したHPE Cray EX4000スーパーコンピューターと同じアーキテクチャながら、データセンターに収まるよう24% 小型化しました。この新しい筐体は、エネルギー効率の向上を実現する100%直接水冷方式を採用し、CO2排出量の削減に加え、費用対効果に優れたスケーラブルなパフォーマンスを実現します。
  • HPE Cray XD2000およびXD6500スーパーコンピューター
    HPEとCrayのポートフォリオを統合して生まれた高密度な専用サーバーは、モデリング、シミュレーション、AIなどの高度なワークロードに最大限のパフォーマンスを発揮します。新しいHPE Cray XDスーパーコンピューターは、従来のエンタープライズデータセンターと親和性があり、ワークロードのニーズに応じて、CPU、アクセラレーター、ストレージ、インターコネクト、電源および冷却オプションにわたるテクノロジーをカスタマイズできる柔軟性と幅広いオプションを提供します。

新しいスーパーコンピューターは、AIや機械学習などの高負荷なコンピュート集約型ワークロードやデータ集約型ワークロードをサポートするために、エクサスケールクラスシステム向けに構築された以下の技術を搭載しています。

  • HPE Slingshot:高速性とスムーズなふくそう制御の要求に対応するイーサネットインターコネクトで、複雑なアプリケーションをよりスムーズに実行できるよう支援します。
  • Cray ClusterStor E1000:インテリジェントな階層化でストレージを拡張することを可能にし、AIモデルのトレーニングなどデータ集約型のワークロードのデータ保存とアクセスを簡単かつ効率的に行えるようにします。
  • HPE Cray Programming Environment:コードのポータビリティを可能にするコンパイラと開発者ツールを完全に統合したソフトウェアスイートを提供し、開発者が必要なときに必要な場所でコードを実行し、モデリング、シミュレーション、分析、AIアプリケーションを最適化することを可能にします。
  • 洗練されたDirect Liquid Cooling
    プロセッサ、GPU、スイッチなどの電力消費量の大きいデバイスの熱を効率的に除去します。

機械学習専用ソフトウェアでAI-at-scaleの実現を支援

新しいスーパーコンピューターは、AI-at-scaleの実現に最適で、機械学習ソフトウェアプラットフォームHPE Machine Learning Development Environmentを組み合わせて活用することで、より大規模なAIモデルをより迅速に構築・トレーニングすることができます。

HPEの世界最先端のスーパーコンピューティング技術とHPE Machine Learning Development Environmentを組み合わせることで、AIモデルの構築とトレーニングによる成果の実現までにかかっていた、数週間あるいは数カ月を数日に短縮できます。

HPEは、堅牢なエコシステムで異機種混在型コンピュートおよびアクセラレーテッドソリューションを提供

新しいHPE Cray EX2500とHPE Cray XD2000およびXD6500スーパーコンピューターは、最新のCPU、GPU、アクセラレーターをサポートし、高負荷ワークロードをサポートする高度なコンピュートおよびアクセラレーテッドコンピューティング機能を提供します。

HPE Cray EX2500スーパーコンピューターは、第4世代AMD EPYC™プロセッサーおよび第4世代Xeon® Scalable®プロセッサー、およびAMD ® Instinct MI250X GPUをサポートしています。

HPEは、第4世代Xeon® Scalable®プロセッサーを初めて使用したお客様向けシステムを、米国エネルギー省ロスアラモス国立研究所に納入しました。この新システムであるCrossroadsは、米国国家核安全保障局(NNSA)が核兵器の信頼性と安全性を確保するために、高3D解像度での重要なモデリングとシミュレーションに取り組むための研究開発をサポートします。

HPE Cray XD6500スーパーコンピューターは、第4世代Xeon® Scalable®プロセッサーとNVIDIA H100 Tensor Core GPUをサポートします。

HPE Cray XD2000スーパーコンピューターは、AMD Instinct™ MI210 GPUをサポートします。

提供について

製品名 受注・提供開始時期
第4世代Xeon® Scalable®プロセッサーを搭載したHPE Cray EX2500スーパーコンピューター 一部のお客様を対象に注文受付中/2023年第1四半期に広く提供開始予定
第4世代AMD EPYC™プロセッサーを搭載したHPE Cray EX2500スーパーコンピューター 一部のお客様を対象に注文受付中/2023年第2四半期に広く提供開始予定
第4世代AMD EPYC™プロセッサーを搭載した空冷式のHPE Cray XD2000スーパーコンピューター 11月25日に注文受付を開始/2023年12月5日から受注開始
AMD Instinct™ MI210アクセラレーターを搭載したHPE Cray XD2000スーパーコンピューター 2023年第1四半期に提供開始予定
第4世代インテル® Xeon® Scalable®プロセッサーを搭載したHPE Cray XD2000スーパーコンピューター 2023年第2四半期に受注開始予定
第4世代Xeon® Scalable®プロセッサーを搭載したHPE Cray XD6500スーパーコンピューター 2023年第1四半期に受注開始予定
NVIDIA H100 Tensor Core GPUを搭載したHPE Cray XD6500スーパーコンピューター 2023年第1四半期から受注開始予定

HPEのスーパーコンピューティングおよびAIソリューションの詳細:
https://www.hpe.com/us/en/compute/hpc/supercomputing/cray-exascale-supercomputer.html

■ ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)について

Hewlett Packard Enterprise (NYSE: HPE) は、グローバルedge-to-cloudカンパニーとして、あらゆる場所に蓄積される全てのデータの価値を解き放ち、事業の成果を加速させる支援をします。人々の生活そして働き方の向上を目指し、数十年にわたって未来の再考とイノベーションを重ね、HPEは独自でありながら、オープンでインテリジェントなテクノロジーソリューションをアズ・ア・サービスで提供しています。クラウドサービス、コンピュート、HPC & AI、インテリジェントエッジ、ソフトウェア、ストレージを全てのクラウドとエッジにわたって一貫したエクスペリエンスで提供することで、お客様が新たなビジネスモデルを創出し、新たなエンゲージメントを展開し、運用のパフォーマンスを最大化できるようサポートしています。詳細はhttps://www.hpe.com でご確認ください。

Intel、Intel ロゴ、およびその他のIntelマークは、Intel Corporationまたはその子会社の商標です。